ARCHIVES
TAGS
茅の輪
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

冬の色


皆さんは どんな色でしょう。
ここ山麓は真っ青な空と山の雪白、そして針葉樹の深緑。

それから

3月の尾花の枯れ色も。

すすきや ちがやの「萱」の穂は
動物の尾っぽのようだと見立てられ「尾花」と呼ばれてきました。

葉の切れ味が鋭いので魔除けの力を持っているとも。
なのでしめ縄に用いられているのですね。

IMG_9579.jpeg

今年は風知草で しめ縄を。

新しい年への準備をひとつづつしましょうか。

庭部

来春の打ち合わせ、設計と
お客様と顔を合わせる機会は尊く貴重で佳き時間です。

珍しく!

先日、松本方面へ仕事へ出向いた庭屋が手土産を。

60C91DE2-0279-49F7-A7E3-F600B8EBE269.jpeg

嬉しいな。ほおばるしあわせ。なんだかまーるい気持ちになります。


来年の工事や施工を描くキャンパス。
開いたり閉じたり。春色ちらほら。

珈琲豆部

珈琲と


シュトレン

IMG_9801.jpeg

チョコレート

IMG_9671.jpeg

ラスク

ゼリー

IMG_9860.jpeg

フィナンシェ

包みをあけて

ひとつひとつ、どの珈琲と合わせよう!と ワクワクします。
贈り会う嬉しい出合い。大切に頂きます。

新春珈琲
「エチオピア シダモ」

IMG_9663.jpeg

毎年心待ちにしてくださり、春への期待も膨らむような珈琲だなぁーと お言葉頂き。
今季も春まで。いちご/レモン、ビターチョコ。モカの味わいをたっぷりどうぞ。

クリスマス!
娘たちからのプレゼントの希望は「お寿司」!
タッチパネルで ほいほいオーダー

「夜はママの クリスマスご飯で お願いね!」

食欲の冬だぁー成長期‼︎
   
皆さまに支えていただきマイファミリー。
日々ワンダーランドではありますが、世界の中の ほんの塊り。
笑って泣いて、今年も満ちていきたいです!

感謝を込めて。

バームクーヘン

IMG_9435.jpeg

12月の始まりに、東京から お越し下さった高橋さん。
私が珈琲豆屋を続けていられるのは、高橋さんを始め、
生豆を大切に現地からの声と共に届けてくださる商店のスタッフさんの おかげで。
初めて お会いすることができ、もうほんとうに嬉しくて嬉しくて。感動しました!
私は起業した時から、お腹に長女がおり、ずーっと子育てをしなが焙煎をしています。
そんな私の不安や迷いを受け止めて下さる会社です。心よりの お礼と これからの野望(笑)をこちらに込めて。ありがとうございました!

まぁるい輪っかの ご縁を留めて、美味しい珈琲をお届けしてゆきます。

あぁーこれは庭屋然り。
沢山の関わりある方々の お声と掛け合いでBUNANOKI は作られているんだと「気づき」がクリスマスプレゼント♪

モノではない贈り物。皆さまも 心に どうぞ。届いていますか。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
松迎え
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

IMG_9313.jpeg

今朝の富士山。ボーダーカラーの聖なる色空。
残り20日だぁーと日をめくり、あぁ正月事始め。

12月13日は「松迎え」
門松をはじめ、榊や ゆずり葉、裏白などを伐りに。
お正月の準備をひとつづつ揃えていきます。

その中のひとつ。裏白(シダの葉)は、
葉が向き合っていることから夫婦和合の象徴。
それが親友でも、同僚でも良いのかな。

「万事うまく行く」

何事も それに尽きますが、うまく行かない日は さっさと煤を払いましょ。

庭屋さん

IMG_9382.jpeg

薪の販売始めました!

お電話/メール/工房にて お受けします。

IMG_9381.jpeg

焚べる時間。冬迎え。

庭部

北杜市長坂町H様邸

IMG_3832.jpeg

薪棚完創。

奥様の お腹に赤ちゃんがいる時に打ち合わせに訪れて
出産、育児と駆ける暮らし。その中での薪暮らし。
加藤君の動線引きは何年か前の自分も きっと物差しで。

施行中に部屋からもれる赤ちゃんの声は、やっぱり宝。
庭に注がれる木漏れ声です。守りたい。そっと。外側で。

冬施工の ご依頼お受けできます。土仕事は叶いませんが
伐採、デッキ工事など。陽が温かい日に施工できるよに
工房で仕込んで設置/作業へ。どうぞ ご相談下さいませ。

珈琲豆部

お世話になります、さやかちゃん。

IMG_9277.jpeg

tapiiriさんが「タピリブレンド」を携えて、
今月開期のポップアップに連れて行って下さいます。
詳細はホームページ「イベント」頁を開いて下さいね。

タピリブレンド。tapiiriさんの お庭から見える富士山と
作り手の見える作品が 並ぶ とても ごきげんな工房を想って。

いつも ありがとうございます。

こちらは冬珈琲♪「もみの木ブレンド」

IMG_9071.jpeg

ふわふわホイップのコッペパンと。頬張りマックス!

先日、中央線に乗って。

IMG_9195.jpeg

街のクリスマス。里から向かうとキョロキョロしちゃう!

戻って ホッと。

IMG_9379.jpeg

シダ伐りにいこ。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
愛し鳥
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

IMG_9247.jpeg

今朝の一画。12月が刻まれて。空が シルエットを溶かしてく。

記念日。でした。

IMG_8832.jpeg

今年もコビトノサトさんのタルトが届き、ありがとう。

家族の時間。かけがえのないもに。
毎年タルトに灯るロウの火を見る度に感じます。

庭部

大泉町S様邸

13D4B7271323CB2CEE3A03DA6A504481A876C8A7.jpeg

コンクリート打ち3回目。
お天気、気温を感じながら施工して。仕上がり良し!

並行して

ドア創り。

261642A5E3FEE615ABCD1A4C3B8A89A7BDFE310D.jpeg

格好良く加藤君の思考が組み立てられます。

その合間に!

F5017FD9C8E0778C4DD197577D74C3DA1679A09B.jpeg

息子と釣りへ。趣き味わい尽くして、そうだ!

IMG_9211.jpeg

新たな販路。開拓中。

珈琲豆部

12月限定の珈琲豆を焼き上げて

IMG_8557.jpeg

ホリデーシーズン♪ラジオから流れる曲が シャンシャンと
珈琲豆も ご機嫌な。店主も一緒に 心躍って。

12月も 宜しくお願いします。

記念日だったので、久しぶりに
2人きりで ご飯を食べに わくわく堂さんへ!

IMG_8820.jpeg

でっかーいザンギに もうワクワク!美味しいモンは破顔の一途♪
お互いの歳重ねた顔を見合ってオシドリ。

「おしどり」という鳥は、オスとメスの漢字が連なり字まで つがい。
オスは ひときわ美しく、メスは ひとまわり小さく地味。うんうん。
それで良いんだな.寄り添い泳ぐには まだ水面広い。
でも実際の「鴛鴦」は、毎年相手を替えるとか。しかもメスが。

ひひひ。

「愛し鳥」同盟。これからも、どうぞよろしく。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
冬うらら
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

麗らかな冬の日。

IMG_8627.jpeg

朝は霜白。思わず首を引っ込めて。
お昼は愛日。陽が色めき。
夜はキラキラ。星が瞬き天いっぱいに。

12月へ向かう山麓。
ワクワクそわそわ、天秤にかけて。

庭部

北杜市長坂町 H様邸

8AC823D2D6916B112CE17DAB7EAD2F3D9866C67B.jpeg

防草シートと砂利を敷いて足元づくり。
箇所ひとつ整うと、庭に動線が出来スムーズに。

シックな家壁色に調和し、すっきり。次の施工へと。

八ヶ岳おろしが吹くと風向きや強さも考慮しながら、施工を進めます。

珈琲豆部

25日は 「ちょこっとクリスマス会」で
珈琲屋さん。笑顔あふれる1日でした。

ちょっと長いですが ちょこっと会のこと。

次女が小学校2年生の時に「子ども達の やりたいを叶えたい!」と同級生のママさんからの声を頂き子供たち主体の手作り市として始まりました。それから夏祭り会も出来、子ども達の作るものもバージョンアップ!会を重ねるごとに創意工夫され、お客さんで来られていた幼子も今回は売り手デビューに!続けて開催して頂いた和みや ちょこりんの飯田さんには 感謝感謝!大感謝です!子ども同士で育み笑い創り想う。そこに寄り添う家族の眼差しはハートの形が浮かび上がるくらいの温もりです。

珈琲屋に お寄り頂いた皆さま、子達の創りものを手にしていただいた皆さま。
心より ありがとうございました!

さてと仕切り。

贈り物の ご注文をお作りしていきますご予算に応じて お作りします。

IMG_8242.jpeg

先日は、菓子やOkaneさんに焼き菓子をお願いして
珈琲と お菓子のセットも作らせて頂きました。
ありがたい ご縁です。

事前にメールや お電話で お申し込み下さいませ。
店頭、もしくは発送にて お渡し/お届け致します。

今年も おまかせ珈琲3種が人気です。
クリックポスト便にて発送!簡易梱包のため熨斗は お付けしておりません。
カジュアルな 贈り物に ぜひどうぞ、よろしくお願いします。

先日、落語を聞きました。子達とゲラゲラ。
笑うって良いですね。笑い合って今年も満ちてゆきたいです。
皆さまどうぞ、口角上げて♪駄洒落て楽しくゆきましょー!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
玉響
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

IMG_8207.jpeg

工房の秋は ここまで進みました。
瞬く間に差し込む陽光は
木々の一本一本にスポットを当て、
有終の美を映し、

それは「玉響」
宝石が揺れるように

葉は揺れ愁う。

あぁー今年も ありがとう

と一枚一枚に伝えたくなり、

00E49AAB-B31A-4417-971E-53C90AD64A55.jpeg

あかんあかーん!仕事せなー。

庭部

富士見町K様邸

9DF8FB15C118DA9E6F3C5DA6C5CC554BC10331A5.jpeg

初夏の施工では秋の舞台を描き

DAFF7377621D5EBA4290286D248DF0E80EBBE3C8.jpeg

秋の舞台では冬の装いを想う

雑木と石敷きと木の小屋と。
記して行きましょ。庭あゆみ。

引き続き、
大泉町S様邸、秋の剪定、冬支度と
健やかな庭づくりに励みます!

珈琲豆部

行ってきました!愛知県安城市。
珈琲屋さんで伺いました。
空が広くて泳げそうなほど澄んだ青色。

青Soraコドモレストラン

BUNANOKI ブースでは珈琲を淹れるワークショップを。
可愛い女の子が お母さんに珈琲を淹れたり
ヒーローみたいな男の子が 真剣に ポットを持って。

みな、珈琲一杯に向き合ってくれて ありがとう。
嬉しい幸せな時間でした。

お誘い下さったスタッフとみさん!心よりの感謝とハグ!
主催のゆかさん他スタッフさん、出店者さん、三河弁の皆さま!
楽しい時間をありがとうございました!

近くに住む親戚や
豊明に住む お客様も お越しくださり
嬉しい嬉しい!ありがとうです。

青soraレストラン

コックさん姉弟

IMG_8179.jpeg

美味しかったぁー!水餃子

IMG_8182.jpeg

ご馳走ほかにも

IMG_8177.jpeg

お手伝いも ありがとう

IMG_8174.jpeg

おせわになりました!

IMG_8168.jpeg

境内で珈琲を淹れる。またひとつ経験値!

IMG_8166.jpeg

おかずや➕カフェさん。あすかさん。よしかさん。
これからもブナコーをよろしくお願いします。

ただいまー山麓。八ヶ岳南麓。

IMG_8209.jpeg

ここらはインフルエンザが流行り始めています。
皆さま秋を楽しみつつ、どうぞ ご自愛くださいね。

名古屋の おもたせ

IMG_8260.jpeg

母ありがとう
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する