ARCHIVES
TAGS
ひとま
こんにちは。珈琲豆部の加藤です

IMG_5476.jpg

キラキラと窓に結晶。
冬もよう越しに見る八ヶ岳。

「ひとま」
人の居ないときを意味し、「人間」と書きます。

「ひとま」に見る風景に
12月が進む音が聞こえます。

忙しい時期ですが、そんなひとときを大切に。

庭部

北杜市に戻り、冬の伐採。
大泉町O様邸。

木こりさんと化します。

チェーンソーの刃を磨き、樹木に敬意。
木と木の距離を心地よく。
人と人の距離のように。

珈琲豆部

今年も残すところあと一回の焙煎です。
焙煎機のメンテナンスをしながら、労いながら。

12月22日(月)~27日(金)工房オープンです。
珈琲豆の販売/お庭のこと。
どうぞ、お気軽に。

珈琲と合う和菓子。

IMG_5478.jpg

また見つけました。

「露月」栗蒸し羊羹。
味わいの落としどこが絶妙。うなりました。

そして、おまけの話。

少し前。結婚記念日でした。

IMG_5335.jpg

「いつまで祝うの?」とブーブー言ってたのに
さらっと届いた加藤君からのお花。

サプライズ!ただただ嬉しい。憎いやつー!

ありがとう。
この言葉を心を込めて言えたなら、いつだって記念日なのかも。
どうですか
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
果つる月
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

IMG_5303.jpg

久しぶりに、どんより雲が退いた朝。
気温が氷点下を確信するよな澄んだ空気は
朝やけをドラマティックに連れてきました。

遠く富士山。
年末の忙しさがグラデーションのよに濃くなって。
果つる月。
走りながらも、ふと立ち止まって。

庭部

剪定作業は名古屋まで~
長年お世話になっているT様邸。
施主様の意向と手入れのしやすさ/管理の維持。
毎度庭木の様子を見ながら ご相談。
上を詰める木、下草まわり。
当初より、コンパクトに、でも伸びやかに和やかに。

お喜び頂けるようにと、バリカン振ります!

珈琲豆部
冬珈琲の温もりと、贈り物のお心づかいが合わさって。
「珈琲豆の贈り物」ご予算によりお作りしております。
お気軽に ご相談下さい☆

工房オープン日は金曜日です。

クリスマスの週も幾日か工房オープン予定です。
宜しくお願いします。

山梨名菓「清月」のロールケーキ!
お土産で頂きました。
ロールケーキのテンションの高さったら!

IMG_5294.jpg

待てない待てない。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
天衣
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

めっきり寒くなりました。

IMG_5286.jpg

落葉も進み、冬グレー。
秋が荷物をまとめています。

そんな中、来年の木の芽を発見!

IMG_5288.jpg

写真の木の芽はダンコウバイ。
冬支度かと思いきや春への準備も進んでる!
自然の用意周到さには、ほとほと敵わない。ですね。

さて「天衣無縫」てんいむほうを ご存じですか?

「天衣」とは「天女の衣」のこと。

その衣には縫い目が無いことから
技巧を凝らさなくても、そのままで完成されたような作品を
「天衣無縫」と呼ぶようです。

天才的な芸術家の作品に多く用いられる言葉のようですが、

私から見ると、まさに落ち葉の色アートが、そのように。

IMG_5255.jpg

雨に濡れたモミジは、鮮やかさを消しつつ艶を増し。

雲だって日替わりアート!
今日は分厚い綿のお布団がドッシリ敷かれているよな雲
山は被って重そうです~

こんなふうに。
飾らずそこにあるものが、きっと日常を繋いでいる。

首元、ひざ元。ふっと冷える季節です。
天衣をまとい、今日もふんわり、ありのままで。あなたのままで。

庭部

冬支度も そろそろ終盤。
年末に向けて、お庭の散髪が進みます。

刈り込む時の葉の香り、落ち葉を集めるときの香ばしさ。
整うお庭を見ると、こちらまで背中シャキンと正されます。

剪定作業は、作業時間の管理もしっかり!
加藤君の経験と腕の見せ所だなぁと感じています。

ご贔屓にして頂き、今年もありがとうございました。

珈琲豆部

「ちょこっと早めのクリスマス会」

IMG_5240.jpg

いらして下さった皆さま、ありがとうございました!

来年から保育園ママさん達とは最後の会でしたが、
新しいベビちゃんとママさんとの出会いもあり~

「ママさん達をちょこっとでも癒したい」
そんな想いで活動されている「ちょこっとぷらす」(ママサークル)さん。
私は、こちらでの出店を通して、
「珈琲屋さん」と呼んでもられるようになりました!
人だけではなく、ワークショップを通して自分だけの「モノ」とも出会い。

良い空間だなぁーと思います。
これからも どうぞよろしくお願いします。

IMG_5291.JPG

↑ごちゃっとしてますが、こんな雰囲気で。

写真手前が主催の飯田さんです。
今は、いちおう産後休暇中☆
でも、この日は急遽代役で!
5か月の赤ちゃん連れて、運営されておりました。
小学生の娘の帰宅時間前に急いで帰り~
飯田さん、ナイスファイトですっ!

さて、珈琲。

12月限定「柊ブレンド」始まります☆
ケニア豆ベースでキラリと輝くコクが広がります。

冬めく日和も美味しいひとときとなりますように。

先日~出かけた先で素敵なアートを発見!

IMG_5246.jpg

「天衣有縫」ですが~
球体に葉っぱや木の実、木っ端が貼られていて
秋のページに色濃く残り。アートって面白いっ!


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
真面目
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

雪が降ってきたのかと
間違うほどに。

IMG_5131.jpg

カラマツがはらはらと降り始める秋の日です。

工房回りの林にも、陽が降り注ぎ、
すっかり空の青が伸びる頃となりました。

「まじろぐ」
最近、出会った言葉です。

「まばたき」を意味し、
「まじろぐ目」が「真面目」という言葉の原型だそうです。
目をぱちくりさせる秋の劇的な風景。
自然が織りなす色味は、まさに瞬きさえも惜しいくらい美しく。
真面目が映すものは偽りのない尊いものですね。

今日も真面目に。後ろを見たって良い色が広がっている。

庭部
秋の手入れも だいぶ進み、
樹木の剪定、植え替えと、消毒終えて庭仕舞い。

来春への想いを共感して頂けることが嬉しい庭屋です。
アプローチ/デッキなど木工施工も お気軽に ご相談下さい。

珈琲豆部
今週末は竹早山荘で珈琲屋さんです。
清里で大切に時間を育んできた紅い建物と白いデッキ。
その片隅で香り良い珈琲をお届けしたいと思います。

「竹早山荘で逢いましょう♪」
2019年11月16日(金) 10:00-16:00
北杜市高根町清里3545-1学校寮内
お問い合わせ090-4700-7119(福富さま)
詳細はBUNANOKIのフェイスブックページにて
リンクアドレスを記しましたので、そちらからご覧ください。

どうぞ朗らかな時間となりますように。

IMG_5167.jpg

今朝は虹がかかりました。
登園バスを待つ間、まじろぐ目がカシャカシャとシャッターに。
「虹が追いかけてくるんだよー!」と
園バスの中で、お友達は、はしゃぎっぱなし。
瞬く目の奥に虹がかかっている子供たち。
輝きいっぱい。宝ものだなぁ。私も そっと、カシャリと失礼。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
霧の香
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

今朝は霧が ゆっくりと晴れていき
心の靄も晴れてくような神秘的な空気。

IMG_4897.jpg

「霧の香」お香の煙が立ち上っていくように霧が立つ様子。

カラマツと背比べしながら、霧の香が空へとすーっと。

庭部

台風後も雨が多く。
スポンジのように水分を含んだ八ヶ岳。
標高の高いところから冬支度作業に入っていますが
至る所で山肌がえぐれていたり
倒木があったりと、台風19号の爪痕を感じます。

週末に、庭屋は長女と長野市へ災害ボランティアへダンプカーで出向き
メディアを通じて目にした場所へ。

新幹線が浸かっていた車庫近辺の、ゴミの片付けに励んだようです。

KIMG1004.JPG

ダンプカーは重宝されたようですが、ゴミ出し渋滞がひどかったよう。

現場の緊迫感は、加藤君の口からの方が ずっとリアル。

伝える事、現場の事。真実は固くて、じっと残る。

珈琲豆部

一杯の珈琲にため息を投げ入れ

IMG_4213.jpg

今日も明日も いつだって。
ひと息ぶんのやさしさを。

IMG_4628.jpg

「コスタリカ」。
ハロウィーンカラーが、どことなく似合う味わい。
時経つごとに深まるコクは、爽やかさも伴って。

秋珈琲が並びます。

11月16日(土)10:00-16:00
「竹原山荘で逢いましょう」@清里/竹原山荘(入場料あり)
手立て珈琲と珈琲豆の販売

11月22日(金)10:30-14:30
「ちょこっと早いクリスマス会」@長坂改善センター1F和室
手立て珈琲と甘い珈琲。珈琲豆販売

よろしくお願いします。

先日~
加藤君と長女が長野へ出向いている日に他メンバーは
八ヶ岳自然文化園へ。

IMG_4871.jpg

菩提樹も色づき、フィナーレ満喫。

日の傾きに誘われながら
向かう11月も 爽やかな霧晴れとなりますように。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する