ARCHIVES
TAGS
涼恵みの赤!
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

連日暑い日が続いていますね。
皆さん、体調壊していませんか?
昨日、甲府は40度を越えました。
ここ八ヶ岳も最近はお昼前に一気に気温が上がります。
夏がドーンと居座るお盆になりそうですね。

真っ赤なトマトが涼やかに。
001 (2).jpg

トマトを食べると医者は青くなる・・・と言われるほどの真っ赤なそれは今が旬ですね。
娘達が夏風邪をひいたということもあり、重宝しています。
Y美さん、ありがとう!

少しは早めのお盆休みを家族で過ごし、来週からは今年の後半戦が始動です。
庭部加藤君は、庭づくりの幅を広げるために日々娘に邪魔されながらも勉強中。
私は変わらず、毎月1日と15日に珈琲豆を焙煎します。今月もお盆中ですが15日が焙煎日。色んな種類の珈琲豆をお届け出来るように少しづつですが私も勉強していきたいなと思います。

陽が沈み、夜空に星が見える頃・・・虫達の鳴き声が聴こえてくるようになりました。
1匹づつ、秋の知らせを届けてくれるかのよう。
こんな暑い日が続いていても、季節は少しづつ動いているんですね。

さぁ、今日も暑くなるとのこと。
トマトのように足を水に入れて涼をとりながら読書でもしたいな・・・(こんなことしたら、娘達は必ず入ってくるだろうな・・・)

皆様も生活に涼を取り入れ、快活にお過ごし下さいね!
もちろんアイス珈琲だって涼活っ!

残暑お見舞い申し上げます。


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
藍い時間
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

「tapiriの藍(あお)くて短い夏」
002 (1).jpg

北杜市大泉にある「tapiri」さんで、只今藍色に染まっている時間が流れているようです・・・

「コットン藍染め展」綿花を育て、手紡、手織り、自然のもので染め作られた素朴でたくましく美しいものたち・・・
そんな言葉が並べられたDMを手に「行きたい!」気持ちがはやります・・・

が、娘2人が夏風邪です。

く、悔しいぃ・・・まだ、行けない。

今日10日は、なにやら素敵なコンサートが開かれるそうです。
詳しくはこちら。

tapiiriさん
山梨県北杜市大泉町西井出8240-2039
TEL080-4803-2039

良かったら、私に藍い時間の様子を教えてくださーい☆

そして、ここtapiriさんで8月24日(土)にドリップ珈琲と珈琲豆を販売します
小さなのみの市をがあり、その一角で珈琲屋さんをさせていただくことになりました。
tapiriさんののみの市でも、ぜひお会いしましょね。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
たかが芝、されど芝。
今日は日和のカズさんと一緒に現場まわり
一件目は佐久市のE邸へ草刈り芝刈り。
image.jpg
ダクダクに汗をかいて草取り中です。

image.jpg
スライディングしたいぐらい滑らかです。

『どんぶり屋風とり』でこれまたグダグダに汗をかいて昼ごはん!
ボリューム満点のこの店は少し味は濃いめだけど、スタミナ温存にはもってこい!

次の現場は高原のO邸
汗も一瞬で乾くこの標高!
image.jpg

今日でお盆前のお庭のお手入れは完了です!
ふぅぅ〜

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
黒ビール!?
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

立秋に入ったと思いきや・・・もう一度梅雨明けしたかのような夏が到来。
こんな日は、ギンギンに冷やしたグラスに、とっとっとっとと注いだビール!
003.jpg

・・・ではなく、アイス珈琲です。

さすがに、一気に飲み干すことは出来ませんが、このグラスをこっそり加藤君にお借りして、腰に手を当て飲むアイス珈琲は格別に美味しく感じます☆

季節の珈琲「ケニアマサイ」は格段にコクがあり、黒ビールのような深い味わい。思わず感嘆し、そののどごしの良い酸味に驚きます。

「ケニアマサイ」100g/¥700 光溢れる眩しい朝に、煌く夏の太陽横目に、冷めやらぬ真夏の夜に、プレミアムな美味しさを!
ぜひ、お試し下さいね☆
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
海の声
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

先日、日帰りで海を見てきました。

山梨県は海無し県なので、海に行くことは大イベント!

目下に広がる海原は、途切れることなく鼓動を揺らし、潮の香りや浜から吹く風・・・
山に暮らす私達にとって、海での五感は貴重なもの。
海は青いのではなく透明だということを、久しぶりに感じました。

夕海にて・・・

__.JPG

庭部加藤君は、釣りの師匠と海釣りのひととき。
海での生命の共存や厳しさを、釣れない加藤君の姿にも感じ・・・
島国日本は、海の大きい自然と力に守られているんだなぁーと、しみじみ感じました。

夕刻をうつよに、空の色が徐々に変わってく。

074.jpg

半球体に広がる空にふわふわ浮かぶ雲が茜色に染まり、夏の思い出のひとコマを作る。

山梨への帰路、どこからともなくパッと現れる大きい花火が幾度か夜空を彩っていました。なかなか終わらない旅日記を嬉しく思いながらも、耳に残った潮騒は徐々に遠くなり、花火の瞬花と共に思い出の1つ1つを胸に終うのでした。

皆さんの今夏の思い出にも、ぜひ会いたいです。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する