ARCHIVES
TAGS
雷収声
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

本日工房オープンでしたが、
子達の体調不良のため、お休みしております。
久しぶりに この対応。
ご来店を予定して下さっていた皆さま、
ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

子供の成長と共に、
自分たちの営み方、子供とのかかわり方など
対応のカタチは、まだまだ変化。進化だと捉えるべきか。

いつも温かく見守って下さる皆々様には
心より感謝です。

さて、八ヶ岳。

IMG_4454.jpg

朝は冷える日も。進む季節のサイコロの目は一つずつが好ましいです。

すっかり入道雲が消えてしまい、
4歳の息子は「雷さん、もういないね」と。

IMG_4547.jpg

雷と言うのは入道雲の中で電流が起こる現象なんですね。
なので、夏に入道雲が出来やすいので、雷は夏に鳴り響く。

その響きが収まる頃。

私の雷も響かないように、「見守る育児」も勉強中です。

庭部
工房敷地内に道具小屋を作っています

保育園帰りの息子も手伝い(手を出し)

238DE12F-9F78-4A75-AFB7-D4CF83DA2642.JPG

気長に作ります。

打ち合わせ、施工相談。
ぎゅっぎゅとさせていただいております。
皆さまの施工日程など柔軟な対応に感謝です。

そろそろ標高の高い場所から冬支度作業を組んでいきます。
ご相談は工房でも お受けしていますので お気軽にどうぞ。

珈琲豆部
来週、「八ヶ岳ベーカーズ」の担当の方とお会いします。
どんな お話が聞けるのか。また紹介出来たらと思います。

そして、定期的に お世話になっている「ちょこっとぷらす」さん。
小さいお子さんのいるママさん達の憩いの場です。
9月27日㈮に お邪魔します。
10:30-14:00@長坂改善センター1階和室
「美味しいケーキを食べる会」。
詳しくはフェイスブック「ちょこっとぷらす」をご覧ください。
手立て珈琲と珈琲豆を販売します。
日頃、お子さんに手がかかりっぱなしのママさん達へ。
想いを込めて。美味しいひとときとなりますように。

よろしくお願いします。

おまけ。
先日、工房前の芝生でキャンプをしました。

IMG_4487.jpg

朝6時からサッカー遊びを始める娘達。
子供の加速と私の減速。ひたすらに反比例~

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
待ち月
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

先日、家族で山に登りました。

KIMG0641.JPG

南アルプス山系の日向山(1660m)です。そこからの八ヶ岳。
写真が少し暗くて申し訳ないです。

4歳も登頂!
山歩きとは違う、山のてっぺんに立つ感動を味わっていました。

モミジ、ナラが多く大木のブナも。
庭屋と行くと、樹木解説もあり愉しいです。

本格的な秋。稲穂の膨らみに食欲が増します!

庭部
BUNA工房のポタジェも少しづつ。

IMG_4433.jpg

新旧の枕木と長方形と正方形。
サンプルガーデン。
少しづつ皆さまに見ていただたらと思います。

蜂が多くなる季節です。くれぐれも お気を付け下さいね。

珈琲豆部 団子と珈琲。

IMG_4452.jpg

お月見の日に頂きました。
十五夜の月は残念ながら見えませんでしたが、
月の輝きが美しい秋夜となりましたね。
昔の人は盃に映る月を「月を飲む」と言い、愉しんでいたそうです。
そんなこと、珈琲でも出来たらななんて思いながら、
月と珈琲も愉しみたい夜長です。

IMG_4228.jpg

これは少し前に頂いた焼き菓子の詰め合わせ。
以前、ブログで綴った私の知人、明石のカフェamainoさんからです。
星形のクッキーが可愛くて。
お店では旬のフルーツを沢山使ったお菓子やパフェが魅力です。
お近くの方は、ぜひどうぞ。BUNANOKI珈琲を彼女が淹れています。
きっと笑顔がこぼれる味わい。

ごちそうさまでした。

おまけ。前回の続きは珈琲の旅。
焙煎道へとドーンと背中を押して下さったお店に。

0B90A878-BA1C-4E6E-A566-BF9A0C715DEB.JPG

私はここで1杯の珈琲の幸せを教わりました。

E2B510C0-8F68-4A1F-B6CD-B9F19E1893F7.JPG

辛さも迷いも全て珈琲が包んでくれる。
飲み干した後の余韻はスイッチをオン、時にはオフに。

数年ぶりに訪れたのに、覚えていて下さるマスターに心より感謝です。

「望月」という場所にあるこのお店。
月が出ようとする時の ほんのりとした明るみが良く似合う。
静かに心を照らしてくれる。月の出を待つ楽しみを思い出すよな心騒ぎ。

いろんな事をフラットにしてくれた旅でした。

そんな余韻に浸りながらも今日は今日。
先ほど~つまづいて。
買ってきたばかりの卵を、駐車場で落とす惨事!
パック半分の卵が割れても、ニッコリ笑える余裕のスイッチは いずこ~
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
心勝り
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

秋を背負ってきたよな空が。

A751D3BE-C604-4C49-8D06-E1080921E261.JPG

台風一過。被害にあわれた皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。

自然の表裏。きっと人の心と同じかなと。
姿かたちが見えないものほど、しっかりしたくて。想いを馳せたい。

そんな心持ちを「心勝り」というようで。
まずは今日の自分に喜びを感じていけたら、昨日の自分を越えらるかも。

こちらは運動会シーズン。
心勝る勝利をその手に!

庭部
秋仕事。移植・剪定様々に。
合間に工房事も少々。

芝の中にあるポタジェの移動。
より水道が近い位置へと。

IMG_4413.jpg

そして、私の希望で工房前に

IMG_4408.jpg

枕木のベンチ。

良い心地の喫煙場所を作ったわけではないです。
↑そんな写真になっていますが~

珈琲と空気を より美味しく感じてもらえるような場所を。
子供も ちょこんと。いかがでしょうか。

野良仕事に庭仕事。セミの鳴き声もまだ元気!

珈琲豆部

温かい珈琲に ほっとひと息。

IMG_4422.jpg

秋珈琲「いろはブレンド」。かりんとうもミルクも合います。
進む秋に 良き珈琲のパートナーを。

おまけ。
前回のブログで ちょこっと書いた「庭と珈琲を堪能の旅」。
訪れたのは

IMG_4234.jpg

「ヴィラデスト」
玉村さんの庭の洗練さ、カタチ、センス。
何を取り入れて、何を捨てるのか。
色んな視点に刺激を受けました。

ポタジェ

IMG_4242.jpg

ラベンダーがあふれ出て、ハーブも生き生き。

眺め

IMG_4249.jpg

堪能出来る場所づくり。ベンチの役割、大いに気づき。
東御の街へと続く道が伸びていくような視界感でした。

そんなことに気づきのBUNA庭。
もっと表現できるよに、作り続けよ、BUNANOKIさん。

珈琲の話は また次回。

そろそろ十五夜。
月を見上げて、皆さま思うは何でしょう。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
色実り月
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

久しぶりに浅間山

IMG_4295.jpg

子達の夏休みが終わって ホッとひと息。ふらっと休日。

庭と珈琲を堪能しに出かけました。
そのお話は また追って。

庭部
9月の初まりは北杜市大泉町。
お待たせしました!S様。
造成工事からスタートです!

今年も雨の被害がありますね。
流れてく水の通り、吹いてくる風向きなど、
より安心な庭づくりをご提案出来ればと思います。
ただ、風水害は予期せぬもの。
被害後に、一緒に庭ごとを考えて頂ける施工主さんに毎度感謝いたします。

風渡る候。山栗ぼとぼと。どんぐりころころ。風運ぶ音が届きます。

珈琲豆部

くるみの葉が黄色く色づき

IMG_4209.jpg

秋へとバトンを振り出して

夏珈琲「くるみブレンド」今月で販売終了です。

IMG_4306.jpg

↑パッケージが可愛くて、思わず購入した「杏仁ラッテ」。
垂れ目のパンダは次女に似ていて、パンダ物には弱い私です。
その思わぬ飲み物、杏仁感強く、
珈琲と合わせると何だか美味しい杏仁珈琲に。
アーモンドのようなミルキー感。
いつか皆さまにも味わって頂けると良いなぁー。

おまけ

冒頭の浅間山から、少し進んで海野宿。

IMG_4287.jpg

お昼ごはん場所探しに奮闘しながら迷い込んだよな場所は
ノスタルジーでファンタジー。
どこからか聞こえる風鈴の音が、
「まだ夏だよ」とそっと教えてくれてるよう。

IMG_4285.jpg

名古屋人と鯱(しゃちほこ)

IMG_4277.jpg

誘われるよに行きついた大好きな蕎麦屋さん「草笛」

IMG_4288.jpg

信州もつ煮と、やや平麺のそばは くるみだれと。

IMG_4292.jpg

良い時間ほど、カタチにならず。
でも心に残るその温かさで、また次の季節も歩いていける。

そんな時間を愛おしく想う、色づく月の始まりです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
大いなる羊
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

八月後半。凉秋吹く八ヶ岳南麓です。

IMG_4146.jpg

先日、庭部の お梃子で伺ったS様邸で見つけた撫子。
娘が夏休みの宿題で秋の七草を調べたこともあり、この花に即反応!

ひっそり咲くも目を引く色味。

ススキの穂も伸び伸びと空に向かう処暑です。

庭部
北杜市白州町のT様邸。この夏は お世話になりました。

田澤邸.JPG

敏腕大工H氏とタッグを組み、ウッドデッキ工事。
巧みの技、あちらこちらと。木の香に点ります。

そして、今年の春から初夏に お世話になった大泉町I様邸。

池田邸2.jpg

枕木の小径。雑木。そよぐ光と風。
これ以上ないくらい、木が喜んでいるようなお庭でした。

ここから始まる「家庭」の「庭」の部分。
大きさではなく憩うひとときを大切に、育んで頂けたらと思います。
どんなことも、ときも、受け入れてくれる場所となりますように。
ありがとうございました。

珈琲豆部

香る秋に向けて、香り良い珈琲。
実りの秋に向けて、コクある珈琲を販売していきます。

「コスタリカ セントタラス」
焙煎したばかりは軽く、スパイシーなカレー風味とも良く合い爽やか。
焙煎後少し経つと、コクが出てきて栗やサツマイモのような風味も。
ナッツ感もあり、私はヘーゼルナッツのお菓子と合わせて飲むが好みです。
冷めても美味しい味わいで、
思わず話に花が咲き、飲み忘れていても、再び美味しい味わいに出会えます。

ある画家が「美しい」の「美」と言う字は「羊と大」だと記述。
その昔、「羊」は食べるも力が湧き、皮は丈夫で毛は暖かく、乳は栄養たっぷりと、人々から とても大切にされていました。その「羊」を「大いに感じる」と言う想いから「美しい」という憧れや天望の漢字へとなったようです。

この事を知ってから、
私は「美味しい」と言う想いに一段と感謝を込めたいなと思い。

言葉が軽視される時代。1つでも字の想いに触れたいですね。

おまけ。
前回のブログで最後の方に綴っていた「吐竜の滝」付近の写真です。

IMG_4079.jpg

↑子達、ビビる。私はビビってないふりをする。

IMG_4082.jpg

「フシグロセンノウ」
林の中のオレンジは目立たず調和よく。ナデシコ科。

そして「美し森」から。野辺山高原見渡しパチリ!

IMG_4030.jpg

IMG_4043.jpg

IMG_4044.jpg

空はもう、秋と出会っているようです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する