ARCHIVES
TAGS
手々
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

じゃん!

IMG_5737.jpg

前回のブログのクエッション。
その答えが↑この写真です。

薪を立てたり寝かせたり。
長女が創る打楽器(ドラム風)です。

木によって「音がちがーう!」と大はしゃぎ。

違う日は

IMG_5503.JPG

切り株を太鼓に見立て。
ポコポコ、リズミン♪

創造力ってリズミカル!

むかーし、「正しい」という言葉は
「直」(ただ)を形容詞させたものだと聞きました。
真っすぐで曲がったところがない。
それが、「正しい」と言う意味に適い。

その「直」の語源は「手々」からだと。

手と手

そこから想像するものは、温もりだったり優しさだったり。
そこから創造するものは、支えだったり感動だったり。

「正しい」の原点は、手と手から生まれるものでしょうか。
取り合ったり離れたり。手を伸ばして届くものかも。

庭部

引き続き、高根町K様邸。
土運びの往復も、だいぶ進んで平らに造成。
同じ北杜市でも高根町は土質が柔らかく豊か。
これから植える樹木が、伸び伸びと喜びそう。
陽光朗らかに差し込む場所は庭描きも自由自在。

庭造りのその先に続く絵描きが楽しくなれば!

最近髪型が「のっぽさん」になってきたよな庭屋です。

珈琲豆部

「プレミアム ショコラ」with chocolate

IMG_5759.jpg

チョコレートと珈琲。私には至福です。

この期間は、
いつでも購入できるよに、ご用意していたいと思います。

ドリップパック珈琲は、ご注文いただいてから
お作りすることも多々なので、
お時間が無いときは、事前に ご注文下さい。

他、「ボルジャイン農園」「エスプレッソレディー」など
チョコレートに合う珈琲ジャーニーも おすすめ。

あの人へ。想いを珈琲と。
美味しいチョコレートと。ミルクやモカと。

どっぷり冬に浸る時間。珈琲を心行くまで。

先日の雪予報。
「こんな日は、雪を見に行こう!」となり、
清里へ。

KIMG0748.JPG

ただただ、ホワイトアウト!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
雪待顔
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

IMG_5742.jpg

雪待顔で過ごしていると
さらりと降って、さらっと積もって。

雪つぶてが やっと作れるくらい。
寒の道。進むか折り返しか。

皆さまの地域は どうですか。

IMG_5744.jpg

庭部
造成工事が進み、残土移動の往復。

IMG_5754.jpg

工房畑に植わっている雑木も移植し、芝庭に樹木が増えました。
洋ものと和ものの木を分けて植え、「いずれ」の庭を描き直して。

そんな中。

土を掘り返していると、野鳥がチラホラ。
土の中に眠っている虫さんを見つけに来るそうです。
今冬はスコップサクサク。
土の眠りが浅そうで、虫の眠りは どうだろう。

珈琲豆部
陽だまり珈琲「ミャンマー シャンリー BH」
ハスカップのような弾ける甘味は、ローズヒップのよう。
柿ピーのような香ばしさに豊かさを含み。
ほっこり縁側で過ごすよなシーンんまで運んできます。

ミャンマーの小農家さんが
庭先の向こうの畑で育てている珈琲豆。
まるで、山梨の桃農家さんが
家から歩いて桃畑に向かい育てている桃のよう。

FACE TO FACE
その架け橋になれたなら。仕合わせな事です。

IMG_5747.jpg

さて問題です。
↑写真の枕木テラス。ちょっと画像が暗めですが。
薪が積み木のように置いてあります。
一部崩れていますが~
これは、何のためにあるでしょう?

おまけ。
大阪の友人からの贈り物。
そこに書かれていた文字に思わずニンマリ。

IMG_5331.jpg

「ワレモン」。

地元の言葉。
まるで心に懐炉を当てたよに じんわりほっこり。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
拍子
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

IMG_5708.jpg

IMG_5709.jpg

さらっと降った雪が残る工房前。
今日から、仕事始め!と気合を入れていたのですが、
なぜか、息子の保育園はじめの日を間違えて・・・
隣で「とぉー!」と戦隊ごっこをしております。

そんな中での綴り始め。

今年も親子共々、宜しくお願いします。

庭部

今年の仕事始めは北杜市高根町K様邸。
造成工事に入ります。そして、植栽芝張りへと。

今冬は暖かい日が続いているので、土も穏やかに。
庭屋としては有難いですが、温暖化を感じる事態。

冬芽が動き出しそうで、季節の秩序が気になります。

かわいいお子さまが いらっしゃる現場なので、
終始ニッコリ笑顔の現場になっていることでしょう
K様、宜しくお願いします。

珈琲豆部

初春の珈琲「エチオピア シダモ」の香りに包まれ
焙煎始めとなりそうです。
レモンやイチゴのジューシーな香りとモカ香。

IMG_5516.jpg

ゆずのパウンドケーキともバッチリ合う珈琲でした。

寒中に香り良く。どうぞ、お試しくださいませ。

年始は皆さま「拍子」良く。
先日、獅子舞に出くわし。
子たちは即座に逃げ出しましたが、縁起が良い拍子に耽々。

今年も皆さまとの「仕合わせ拍子」を打てたらと思います。

おまけ。
私たちの年始の お楽しみ。

IMG_5703.jpg

とくとくと。

山梨県と長野県の美味しい日本酒とワインで景気付けです!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
初日2020
本年も宜しくお願いします。

IMG_5667.jpg

BUNANOKI

庭部 加藤 優
珈琲豆部 加藤 亜紀子
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
徐日
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

IMG_5545.jpg

先週、さらっと積もった雪は
冬至を超えた太陽が ゆっくりと溶かしていき。

迎える「徐日」。

旧年を払い除いて新年を迎える日。
その夕方を「除夕」その夜を「除夜」と呼び。

いよいよ今年も大みそかですね。

「令和」という元号も すっかり耳に馴染むようになりました。
皆さまと新年を迎える気持ちで、今日も過ごせたらと思います。

庭部
今年の庭造りを振り返り、
雑木、ウッドデッキ、芝、林の手入れ、剪定、アプローチ…

様々な生活仕様で、どんなスタイルにもなる庭造りに
今年も多々発見があり気づきがあり。
施主さんの想いを形にしていくワクワク感は
毎回新鮮で刺激的で。アンチエイジングです!



設計から施工まで。
来年も精力的に活動していこうと思いますので宜しくお願いします。

新年明けては、北杜市高根町K様邸。造成工事から入ります!
寒の入り~心は温かく行きましょう!

珈琲豆部
今年は お声掛けを頂き大きなコーヒーフェスティバルに参加出来たことや
「八ヶ岳を盛り上げたい!」という想いを持った方たちと出会えたこと、
毎週金曜日に工房を開くことなど、
新たな活動に挑戦した年だったなと思います。

そこに向かうことが出来たのは皆さまの支えあって。

来年もひと口飲んで「美味しい」のひと言を保っていけたらと思います。

年末の工房オープンにも ふらりとお寄りいただき、
皆さまありがとうございました!

新年始めの焙煎日は1月8日です。宜しくお願いします。

IMG_5285.jpg

Kちゃん、パン教室オープンをのらりくらりと楽しみにしています!
ごちそうさまでした。

「徐」という字漢字は、もともとは「梯子(はしご)や階段」を表す字だったようです。
新年にかかる梯子が今日は皆さまの目の前に掛かっていますね。
どうぞ、来る新年が良き一年となりますように。本年もありがとうございました。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する