ARCHIVES
TAGS
徒花 -あだばな-
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

暦上では大雪に入り、ここ八ヶ岳も雪が降る頃になりました。
が、今日は、打って変わっての小春日和。
穏やかな冬晴れです。

11月下旬ごろから、何となく花芽が膨らんでいた草ボケの花。
去年もこの時期に開花したのですが、今年も開花してしまいました。

006 (4)[1].jpg

『徒花』あだはな。開花しても実を結ばない花や季節はずれに咲く花のこと。
「徒」とは、無駄とか空しいという意味だそうです。

まさしく、この草ボケは『徒花』

本来は春、梅の花と同じぐらいに開花する草ボケ。

とても愛らしい姿ですが、朝方は0度を下回る寒冷地。
寒さの中、咲き誇るのか・・・
草ボケを思うと、少しでも暖かい日があれば良いなと思います。
こんなに愛らしい花なのに、「徒」なんて呼ばれないように。
少なくとも、私の心に春色を届けてくれている。
この花は来年の希望につないでくれているかのように感じます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
マルシェで焚き火
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

今日は雨の中でのマルシェ。
お足元悪い中、ご来店くださった皆様、本当にありがとうございました。

雨が落ち着いた昼下がり、焚き火をして暖をとることに。

010 (2)[1].jpg

hiyoriさんの畑で取れたサツマイモを入れて焼き芋に。
火の回りには自然と人が集まりますね。

明日もきっと、庭部加藤君がせっせと焚き火の番をしていると思います。
お手伝いいただいたHさん、ありがとうございました。

では、明日も皆様と。ドライフラワーのお店『エフスリー』さんのマルシェでお会いできることを楽しみにしています。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
花和み
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

昨日、庭部加藤君から、お花をもらいました。
花の贈り物。素直に嬉しいですね。
加藤君も、お花を贈った事が心地よかったらしく、ご機嫌。
花は、心を和やかに、そして笑顔をもたらしてくれますね。

私たち事ですが、今日は結婚記念日です。

この花のように、そっと心も体も和やかな気持ちにさせてくれるような夫婦でいたいなと思います。
現実は・・・笑い飛ばすことでいっぱいですけどね。

023 (5)[1].jpg

珈琲豆部より、お知らせです。
次回焙煎日は12月1日木曜日です。
明日11月30日まで、ご注文お受けしています。
そして、次回Le marche de f3(八ヶ岳 北杜市高根)での出店は、12月3日(土)、4日(日)です。
寒くなってきましたので、ぜひ温かい格好でお越しくださいませ。
マイカップを持参される方が増えてきていて、皆さんのエコな心遣いに感謝します。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ウッドフェンス
本日、岐阜県は土岐市へフェンスの取付工事へ向かいました。
今回も素材はウェスタン・レッドシーダー(WRC)を使い
安定感のある横桟型に仕上げました。
RIMG0005_1.jpg
手前にあるアイビーがフェンスに絡まっても
また良い感じになるのでしょうな〜

そして今回も強力なスペシャル職人が登場です!
RIMG0002_1.jpg
小さなスコップで一生懸命!
ありがとうね。

小雨降る中もお手伝いして下さったBさん本当にありがとうございます。
そしてお疲れさまでした〜
次は雑木の植栽が待ってますので是非次回も
よろしくお願いします!!

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
マルチング
いきなりですが庭の落ち葉はどうしてますか?
可燃ゴミに捨ててますか?
もしくは焼き芋の焚き火に使っていますか?
って今はどこも焚き火禁止か...

これからの季節そんな落ち葉をつかって庭づくりしませんか!
DSC_74.jpg
我が家では紅葉を楽しませてもらった落ち葉を集めて
植物のマルチングに使います。

そして植物の根元に落ち葉をお布団のように敷き込みます。
DSC_76.jpg
そう、マルチングよって冬の肌荒れや唇の乾燥...

ではなく
植物の乾燥を防いでくれます。
冬の間も微量ですが植物は水を吸っているので乾燥させては
植物だって枯れてしまうのです。

そして時間が経てば落ち葉も良質の腐葉土となって
植物に栄養を与えくれます。

落ち葉を可燃ゴミに捨ててしまう前に今一度我にかえって
植物のマルチングに使ってみて下さい。
私も嬉しい植物も嬉しい落ち葉の魅力!

是非お試しを。
庭部の加藤でした。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する