ARCHIVES
TAGS
いよいよ!
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

いよいよ明日から長野県諏訪の5つの酒蔵で行われるくらもと古本市VOL.3が始まります。

利き酒の合間に、どれどれと本をとる。
珈琲を注文している間に、本を選ぶ。
ワークショップを終えて、お土産を買う。
何通りも楽しめるひとときが、そこにあります。
されぞれに想いがあふれるお店で出会う逸品を、探しに触れに来てください。

私達BUNANOKIは3日(月)4日(火)に珈琲屋さんとして出店します。
3日は、節分。旧暦では1年の終わりです。暦の最後に飲む珈琲に何を思いますか?
邪気を払い、新たな気持ちで飲む珈琲をお届けしたいと思います。
4日は、立春。暦の上では、春が始まります。
うららかな陽気を連れてくるような味わいをお届けできたらと思います。

旧暦の終わりと始まりの日に出店できることを嬉しく思い。

ラインナップは、こちらです。

__ (3).JPG

そして、写真はありませんが庭部加藤君もいます!
お庭のご相談も承りますので、こぞってどうぞ。
1歳児の娘もうろうろしているかと思います。外に出そうになっていたら、止めてください。あしからず、よろしくお願いします。驚くほど、瞬時に視界から消え去る娘です・・・

皆さまにお会いできることを楽しみに、ではでは準備に励みますっ!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
くらもと古本市 ワークショップとトークイベント
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

長野県諏訪の酒蔵で行われる古本市が、いよいよ今週末2/1から11日間始まります。
お酒と本と珈琲と・・・どんな催しになるのか私たちも楽しみです。
詳しくはこちらをどうぞ。
くらもと古本市VOL.3
私達は3日・4日と珈琲屋さんで出店させていただきます!

期間中、2つのワークショップとトークショーが行われます。

◆美篶堂の製本ワークショップ
「アコーディオンアルバムをつくろう」
素敵な手作りノートやブロックメモを作られている長野県伊那市の美篶堂さんによる製本ワークショップ。今回はカラフルなアコーディオンアルバムをつくりましょう。長い蛇腹型のアルバムを製本します。写真や絵葉書などを貼ってお部屋にかざることもできます。表紙はワンポイントのステンシルで素敵に彩りましょう!初めての方でも楽しみながら手作りの技を学べる素敵なワークショップです。

日時 2月2日 13:00~15:30
料金 3,000円(要予約)
会場 セラ真澄 竹の間

◆キハラ株式会社の本の修理ワークショップ
キハラの修理製本ワークショップは本の修理を学べます。図書館用品を扱うキハラ株式会社のスタッフが、壊れたハードカバーの本の修理をレクチャーします。図書館で働いている方はもちろん、子供が壊してしまった絵本の修理方法を知りたいう方も!はじめての方でもゼロからしっかり学べるワークショップ。

日時 2月4日 10:00~15:00
料金 3,000円(要予約)
会場 セラ真澄 竹の間


◆雑誌『Coyote』編集長 新井敏記さんトークイベント
「文学と映画をめぐる酒徒の旅」
旅と文芸の雑誌『コヨーテ』編集長新井敏記さんのトークイベントが決まりました!小津安二郎から開高健まで映画や文学を通して旅や日本を考えます。世界を旅して出会った酒や食の話題も。本と酒と旅がつながる素敵な一夜はいかがでしょうか!

日時 2月8日 17:00~18:00
料金 1500円
会場 セラ真澄 竹の間(事前予約をおすすめいたします。)
主催 真澄蔵元 宮坂醸造

予約・お問い合わせ
株式会社バリューブックス くらもと古本市係
0268-75-9377 event-info@alue-bokks.jp
または、
BUNANOKI 0551-32-2198 kato@bunanoki.jp
ご予約は、人数とご連絡先・お名前とBUNANOKIのコチラのページを見たことをお伝え下さい。

私達が出店する日に偶然にもキハラさんの本の修理ワークショップが!
娘達が破った本を持って参加したい気満々です・・・が珈琲屋さんに専念します。
チラっと見れるかな・・・


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
のはらさんdeのはらブレンド
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

先日、久しぶりにcafe goya「のはら」さんに行きました。
夕刻、ふらっと立ち寄り珈琲を。

前回行った時は気づかなかったのですが、冬、裏手の林の葉が落ちると南アルプスの眺望が広がっていました。
店主曰く、「ここからは日本で5番目までに入る山が3つも見える」と。
富士山・南アルプスの北岳・八ヶ岳の赤岳。
店主もお客様に教えていただいたそうです。

手作り感が惜しみなく優しい時間を作り出している「のはら」さん。
冬の時間は温かなストーブが心をもほくほくと持てなしてくれます。

BUNANOKIがお世話になっている珈琲豆もグラインドから手立てで店主が淹れています。
どの席についても、ため息が出てしまうような居心地の良さ。
そこに運ばれてくる珈琲は、またホッと心が休まる味わいが合うナと思い、「ひとつ息をつくような珈琲」を、のはらさんと一緒に作りました。
なので、この珈琲は「のはら」さんでしか味わうことが出来ません。
付け加えるならば、店主の心も入って出来上がる味わいです。

珈琲のほかにも、手作りのワンプレートランチ・デザート・こだわりのドリンクなど、メニューに並びます。

冬の始まりにいただいたフォンダンショコラも美味しかったナ。

__ (2).JPG

そしてカフェブロガーのうさこさんも訪ねられたそうで、ブログに綴られていたので、こちらも、どうぞ。等身大の「のはら」さんが綴られています。

「のはら」さん。
山梨県北杜市長坂町白井沢4292-3
0551-32-2050
お休みが不定休なので、電話で営業されているか確認してください。
cafe goyaの他、zakka goyaもあります。

お店前から見る富士山と八ヶ岳は写真では撮りきれないほど優美です。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
珈琲の空
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

何気なく、珈琲を見ると、そこに空がある。

冬木立、葉っぱが無くて空の青がより広がり、深呼吸をするとより深く心が広がるような。

朝、バタバタと娘達を起こし保育園に連れて行き、日中バーーッと家事仕事育児。
夕飯の準備開始時刻は陽の傾きが教えてくれて、家の中が冷えてきたら保育園のお迎え時間。星を数えながら帰ってくると、団欒なのか動物園なのか・・・部屋が一気にカラフルに。眠る前、今日も1日ありがとうと言える幸せを胸に娘達に挟まれぎゅうぎゅう詰めの布団に入る。

そんな日常を全部丸ごと受け止めてくれるよな珈琲に映る空。

__ (1).JPG

自分が自分を幸せにしていることに気づくと、誰かを幸せにしたくなる。
その連鎖の中にいたいな・・と思う私の珈琲時間でした。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
甲州市勝沼の石積み工事 完成
昨年の12月から始まった石積み工事、本日完成!
思えば石を選びにひた長野まで走った日が懐かしい〜

今回は建築の高さが道路より低く勾配が建物に向かっているので
ここを道路と建築を分ける形で石積みを行いました。
DSCN3682_1.jpg
石積みから道路にかけて勾配をとっています。
DSCN3694_1.jpg
もちろん今回も空積み風ですが裏地にはしっかりコンクリート
で固めています、分からないでしょ!?

これから植栽が入って庭がもっと心地良い空間へと
変わっていくのが楽しみです!

そして、おまけ...
DSCN3680.jpg
スペシャル職人のHさ〜ん
ホント、いい積みしてますよ〜
毎日監督ありがとうございました!

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する