ARCHIVES
TAGS
白いちご
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

今年もいただいた白い苺。

001 (1).jpg

香りよくジューシーで、本当に甘い☆
気品あふれているお姫様なような苺です。

庶民の私が食べて良いかな・・・と思いつつ。

そんな甘い香りに包まれて、BUNANOKI4年目の春を迎えます。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
桜人と珈琲
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

「桜人」・・・桜を愛でる人、眺める人。

まだ桜の花が咲いていない八ヶ岳なので、今日は、桜を使ったお菓子で桜人に。

001 (2).jpg

桜餅の入ったドラ焼き。
お供の珈琲は春の珈琲エチオピアシダモを。

日本中、桜色に染まっているかと思うと、自分がつくため息さえも淡いピンク色のような気がします。
皆さんも週末は「桜人」になって桜の時を愉しんでくださいね。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
桜の日
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

山梨でも桜の開花の便りが聞かれるようになりました。
今年初めての桜を見に車を走らせ、韮崎へ・・・

「わに塚の桜」
005.jpg

1本立ちの立派なヒガンザクラ。

カメラを忘れてしまい、携帯電話から撮影したので、アングルが変ですが、八ヶ岳を後ろに悠々と咲いていました。

桜は本当に目に美しい春の色ですね。春の別れにも出会いにも彩り添える。
涙も笑顔も誘う花。
桜のある想い出をきっと皆持っていて。
だから、桜を皆、待ち焦がれてしまうのでしょうか・・・

今日27日は「桜の日」とのこと。
こんな命名ある日に桜を想えたら。

ここ八ヶ岳南麓は梅の花が開き始めたところです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
BOSS
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

今日は育児の小話を。

先日、娘2人を連れて公園へ行った時のこと。
7ヶ月の次女を抱っこ紐に入れて2歳の長女と遊んでいました。
・・・が、風が強くなってきて寒くなってきたので、抱っこ紐に入れていた次女がぐずり始めました。
まだ遊び始めて間もなかったので、長女は、遊びに夢中。

でも意を決して長女に「寒くなってきたから帰ろうっか」と話しかけると、「いや!」の一点張り。

取り合えず、少し我慢してみましたが、抱っこ紐入っている次女が大泣きに。
やっぱり、長女にもう1度お願いしてみましたが・・・「いや!」

どうにもこうにも・・・

とにかく車に戻って、次女を乗せてしまおうと思いきや、今度は長女が「何で帰るのぉぉぉー!!!!」と大泣き。

困った・・・
次女を寒さから守りつつ、長女の遊びたい願望を叶えるには・・・と考えているうちに、2人は泣き叫んでいて。

・・・お手上げだぁーと思っていたら、おじいちゃんが寄ってきてくれました。

「おかあちゃん、可愛い子供達が今はこんなに泣いているけど、良い方法が見つかるから頑張りや!」と応援してくれ、1度立ち去ったのに、また現れ、「2人が泣き止んで一息つける時になったら飲みぃー」と言って、缶コーヒーと飛び切りの笑顔と大きいピースサインをくれました。

その様に、長女は何事かと近寄ってきて泣き止み、「帰る」ことを決断してくれ、次女も帰宅車中でぐっすり・・・

自分だけでは、どうにもならないことが世の中にはたくさんあるなぁーと、つくづく思いながら缶コーヒーを帰宅後いただきました。めちゃめちゃ甘かったけど、心に美味しかったです。

050.jpg

おじいちゃん、ありがとうございます。

あぁー私も、こんな心休まるよな珈琲を作りたいな・・・こんなことも、つくづく思った1日の終わりでした。
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
鳩サブレーとぶなの木ブレンド
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

「鎌倉に行って、鳩サブレーを買う事が夢です!」
なんて、藤沢に住まれていた庭部加藤君の施主Kさんに言ってしまい・・・
届いた鳩サブレー。

020.jpg

お気遣い有難うございます。嬉しい限りです。

包装紙を破ると、早速、家族争奪戦が始まり・・・
子供は牛乳と。
大人は珈琲と。

バター風味たっぷり。サクッと感が美味しい鳩サブレーには、爽やかな酸味のぶなの木ブレンドが良く合います。

019.jpg

鳩も美味しいと言ってくれている・・・かな。

でも、このサブレー、番茶も煎茶も紅茶も子供の飲んでる牛乳も全て合うかも・・・
素晴らしいお茶菓子です。

Kさん、ご馳走様でした。

そして、この場をお借りして、友人のN子と旦那さんになるHちゃんへ。
「結婚おめでとう☆末永くお幸せに!」
新たなスタートラインに立った2人に祝福のエールを!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する