ARCHIVES
TAGS
駒ヶ根もみじクラフト出店を終えて
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

昨日行われた「もみじクラフト」。
今回は都合により1日のみの出店とさせて頂きました。3日の土曜日に来られた皆様にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございませんでした。 

4日の日曜日。
「珈琲屋さん待ってたよー!!」
そんな言葉をかけてくれたお客様。
朝から雨でしたが、思っていたよりお客様がご来場されていて、正直おどろきました。そんな中、傘の下でBUNANOKIの珈琲を飲んでいただいた皆さま、本当にありがとうございました。「美味しかった」と言っていただき、雨の中でも心は温かい気持ちでいっぱいでした。

雨風が強くなった時にブルーシートを貸してくださったお客様、本当に助かりました。ありがとうございました。

今回は庭部加藤君もお手伝いで参加してくれて、貴重な庭師の淹れる珈琲を飲まれた方もいらしゃったと思います。

新たな出会いと皆様の笑顔で私達の心もあったかい気持ちで充電されました。
これからもどうぞ、よろしくお願いします。
ありがとうございました。






固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
駒ヶ根もみじクラフト
おはようございます。珈琲豆部の加藤です。

八ヶ岳は、雨はまだ降り続いていますが今日の駒ヶ根もみじクラフト
出店しようと思います。

お足元は悪い中になりますが、もし来られるようでしたら、くれぐれもお気をつけ下さい。そして、肌寒くなっていると思いますので、1枚羽織るものをお持ち下さいね。

では、行って来ます!!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
本日(3日)の出店は中止します
おはようございます。珈琲豆部の加藤です。

只今早朝5時前。

八ヶ岳に降り続いている雨は強くなったり弱くなったりを繰り返し、台風の影響で雨脚の勢力はまだまだおさまらない模様です。
このような状況ですので、本日の駒ヶ根での出店は中止にしようと思います。

明日の午前中までは雨が続く模様ですが、明日は出店したいと思っていますので、足元が悪い中ではありますが、皆様のお越しをお待ちしております。ご迷惑お掛けしますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
台風の行方
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

明日3日と明後日4日は以前にお知らせしていた「駒ヶ根もみじクラフト」です。
台風の行方が気になり、クラフトの実行委員の方に問い合わせたところ、雨でも決行するそうです。
台風に負けないくらいの勢いで準備をしているとの事。

しかし、雨あしは皆様のお住まいの地域でもだいぶ強くなっていると思います。
八ヶ岳も雨がザーザー降っています。

そこで、気象庁の台風情報を確認しました。

今回の台風の経路は、3日0時(夜中)室戸岬近辺から上陸し3日12時(昼)に米子付近、それから日本海にぬけていくとの事。

ザックバランすぎてすみません。

大型の台風ですので、経過を良く確認して、お出かけ下さいませ。
交通機関の確認をよろしくお願いします。そして、くれぐれもお車の運転に注意して下さい。

早く台風さんの勢いがおさまるのを願うばかりです

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
駒ヶ根もみじクラフト出店のお知らせ
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

8月も終わりが近づき、夏の賑わいから秋の涼やかな風情に変化してきましたね。
子供達のこんがり焼けた肌に夏の思い出が宿ります。

さて、今週末に長野県駒ヶ根で行われるクラフト市にハンドドリップ珈琲と珈琲豆の販売で出店します。

9月3日(土)、4日(日)
3日はam10時~pm5時
4日はam9時~pm4時

会場は「駒ヶ根市管の台特設会場」(長野県駒ヶ根市)です。

002 (2)[1].jpg

中央道より駒ヶ根インターをおりて、右折。5分ほど進んだ「駒ヶ根ファームス」周辺です。標高は800メートルほどありますので、長袖のはおりものがあったほうが良いですね。

250を超える出店に私達もワクワク。
木、金属、石、布、ガラス・・・様々なクラフトマンたちの想いと作品に触れ、ひとあし早い芸術の秋を体験してください。

駒ヶ根は、他にも中央アルプスの千畳敷カール(標高2600メートル)へ行くロープウェイがあったり、こまくさの湯と言う温泉があったり・・・
以前から気になっている「養命酒」の工場(見学が出来るんです)もあったり、ちょっと伊那方面に行けば、美味しい寒天を作っている「カンテンパパ」(山野草のお庭があります。寒天蜂蜜がおすすめです。)があって、1日中、欲張ると1日じゃ足りないくらい楽しめる場所です。

ぜひぜひ、観光がてらでも来て下さい。そして、珈琲が飲みたくなったら、是非BUNANOKIに寄って下さいね。お待ちしています。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する