ARCHIVES
TAGS
初日の出
八ヶ岳南麓にて

006[1].jpg

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。
 

自然な庭づくりと自家焙煎珈琲豆BUNANOKI

庭部-加藤優 珈琲豆部-加藤亜紀子
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
2010年の除夜
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

今年はBUNANOKIがスタートした年。
沢山の方との出会いと笑顔に支えられてBUNANOKIの2010年が終わろうとしています。
庭部の加藤君と珈琲豆部の私の2人で歩き始めたBUNANOKIですが、このブログを見てくれている皆さんやイベントで出会えた方々、そして日頃お世話になっている親愛なる業者さん達、皆々様と今日までの日を一緒に歩いてきていると私達は思っています。

皆さま、2011年もBUNANOKIをどうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、皆さまの2011年も輝かしい1年でありますように☆

今夜、1年の最後の除夜。旧年を除いていく夜です。お蕎麦を食べて、ご家族や、親愛なる方と穏やかに新年をお迎え下さい、

良いお年を!!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
名古屋飯☆
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

先日、名古屋に帰省した際に行ってきた私たちの愛して止まないお店たちをご紹介します。

①あんかけスパ からめ亭

スナップショット 2010-12-26 08-26-48.jpg

このお店は、庭部加藤君の大のお気に入りのお店。
彼にとっては、ソウルフードです。
黒コショウのきいたパンチのあるソースあんに太いパスタ麺。
とっても味が濃いので苦手な方もいると思います。(私もはじめ苦手でした)
お客さんもオジサンが多いので、私はここの味を『オジサン味』と名づけています。中毒性のある味なので、はまったら、もう後には戻れませんよ!
ちなみに写真手前はカレーチーズスパ、奥はチキンカツスパです。

②coffee Kajita

スナップショット 2010-12-26 08-29-25.jpg

私が初めて『自家焙煎珈琲』というものを意識して珈琲を飲んだお店です。
店内はアイボリー色とブラウンウッドで統一感があり、その空間の中で日常の時間が珈琲の香りに包まれて動いている。そんな印象のお店。
オーナーさんの珈琲に対する想いが1杯の珈琲を通して、ストレートに伝わってきます。
勝手ながら、私の原点。
美味しい珈琲いただきました。

③コメダ珈琲

スナップショット 2010-12-26 08-32-36.jpg

やっぱし最後はココ!!
加藤君の落ち着く場所。コメダ珈琲。
私はココの『シロノワール』が大好き!!(写真左)
熱いパンに冷たいソフトクリーム。そしてメープルをたっぷりかけて。
美味しいに違いないですよね。
何といっても衝撃的だったのは、アイス珈琲をお願いしたら、初めからガムシロップが入っていたこと。甘かった。普段、珈琲に砂糖を使わない私は全然飲めなかった思い出があります。
コレ、他のアイスもののドリンクでも共通でした。(何度か失敗あり)
なので今回オーダーしたアイスミルクも事前に『ガムシロップ抜きで』とお願い。
あと、なぜか珈琲などのドリンクをお願いしたら、ピーナッツが付いてくる。(写真手前の袋の中がピーナッツ)名古屋の方はピーナッツ好きなのかな?
もちろん、朝行けば名古屋名物『モーニング』も食べれます。

以上3店。
きっと、①と③は加藤君がご紹介するほうが、もっと熱く語ってくれたかと思います。機会があれば、語ってもらいましょうか・・・
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
アイスバーン
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

今朝は雪の朝。
積もった雪で真っ白な林床は朝日を浴びてキラキラ輝いていました。
こんな朝にゴミ出しなんてラッキー☆

しかし道路はアイスバーン。

005[1].jpg

雪用のブーツを履いても滑る滑るー
朝陽が差し込むと一気に溶けてく氷になった雪たち。
アイスバーンとサヨナラの瞬間です。
そんな地面の上を歩きながら、雪の季節がやってきたんだとしみじみ思いました。

007[1].jpg

紅葉した千両の葉の赤とその葉に積もった雪の白が、まだ飾っていない玄関先のお正月飾りになったようでした。


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
『おかずや+CAFE』さんと『HIYORI』さん
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。
皆さん、クリスマスは楽しみましたか?

私たちは、思い立って名古屋へ。
名古屋は庭部の加藤君の実家があります。彼の地元ですね。
私たちがお世話になっている方たちを訪ねる旅でした。
何と惜しいことにカメラの画像が消えてしまい・・・
皆さんに写真でご紹介出来ない・・・うーん残念です★

まず向かったのは、BUNANOKIの珈琲豆、ぶなの木ブレンドが飲める安城市にある『おかずや+CAFE』さんへ。
店内は、木の家具が多くとっても温かみのある雰囲気。オーナーのトミさんの人柄が溢れていました。
手作りのケーキと珈琲が、ほっこりとした気分にさせてくれます。
私は、欲張って、おかずもモリモリ頂きました。
何種類もあるお惣菜は、たっぷりのお野菜を使っているので、授乳中の私にはとても魅力的。食べたい分をお皿に持って量ってもらってお会計。もちろんお持ち帰りも出来ます。
行ったのが夕暮れ時だったので、お客さんのおじちゃんはお惣菜をお皿に持って、それをつまみにビールを飲んでいましたね。
お客様のニーズによって色んな使い勝手が出来る『おかずや+CAFE』さん。
トミさんの柔らかい雰囲気が店内を包んでいて、とても居心地の良いお店でした。

東海方面の皆さん。
安城市を通過のさいは、ぜひぜひお寄りくださいね。
そして、ぶなの木珈琲もよろしくお願いします。

続いては、こちらもBUNANOKIが大変お世話になっている『HIYORI』さんの個展を見に岐阜へ。
今回は岐阜での個展を見に行ったのですが、拠点はBUNANOKIと同じく八ヶ岳。
お店も八ヶ岳南麓にあります。
『HIYORI』さんは皮のカバンを中心に作っています。首に巻く巻物が大好きなおしゃれなお姉さんのユミさんといつも春風をなびかせているような爽やか過ぎるカズさんの夫婦お2人で活動されています。

お店には、お2人が使ってみて本当に良いと思うカバンや小物が並んでいます。
使い込むたびに表情が変わっていく皮。
皮の色も2から3種類あり、それぞれに個性があるように思います。
どんな生活スタイルにでもあうシンプルな『HIYORI』さんのカバン。
私は、まだカバンは持っていないですが、目星はつけています。
只今、購入するために貯金中。
庭部加藤君は、ライターケースを愛用中です。

ちなみに今回、私たちの行った岐阜の個展を開いているお店はこちら。
pandさん
こちらでのHIYORIさんの個展は12月28日までです。

スナップショット 2010-12-26 08-31-21.jpg

またしても東海方面、そして信州方面の皆さん。
岐阜へ起こしの際はお寄りくださいね。






固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する