ARCHIVES
TAGS
パンの店コンプレ堂さん
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

tapiiriさんの「のみの市」に同じく出店されるパンの店「コンプレ堂」さんに行って来ました。
程好く見渡せる店内はパンの香りが立ち込めていて。
品良く並んでいるパンに私は目をくるくるさせて選んでしまいました。

010 (1).jpg

1000円握り締めて買えるだけ買って、このボリュームと幸せ感。

小麦の香ばしさや甘みは新緑の風のように軽やかに。
噛めば噛むほど広がる風味は、やみつきになりそうです。
1つ1つ紹介したいところですが、これは、ぜひ本物を味わって美味しさを感じてください!

コンプレ堂さんのパンの美味しさに寄り添えるような珈琲を、しっかり焙煎したいと思います!

016.jpg

BUNAOKIは5月3日と4日の出店ですが、コンプレ堂さんは5日までとのこと。
tapiriさんの「のみの市」の脇役を、しっかり担いたいです☆

「のみの市」はこちら。tapiiriさん
固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ナチュラルガーデン!?
北杜市はY様邸
石敷き工事の現場です。
おとといの事ですが間伐材でパーゴラづくりです。
DSCN2418.jpg
その前日にマルシェでハンショウヅルをお買い求めされたY様
でも現場のお庭には...
這わせるところが一つも無い!

という事で
間伐した檜が数本あることを聞き急遽作成にとりかかりました。

丸太で土留めをするにしろ土に触れる時は皮はしっかり剥きましょう。
一年ぶりのH&Yコンビを拝見しましたが
さすがに阿吽の呼吸、驚くほど息が合っています。
檜の皮剥きをやったら右に出る者はおりません。

めでたくパーゴラ完成!
クレマチスもご機嫌に花を咲かせられるでしょう!

さて明日は隣町の長野県は富士見町H様邸の
基礎コン打ちです。
今回は積みです。

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
tapiriさんにて出店のお知らせ
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

八ヶ岳の南麓に小さな北欧雑貨のお店tapiriさんが今年も5月よりオープンします。

tapiriさんこと、店主のさやかちゃんは、元同僚で、八ヶ岳で出会いました。
やんわりとした雰囲気を持つ彼女ですが、心根は太く。広々と根を伸ばす彼女の行動力には驚かされます。
「作り手と使い手をつなげたい」・・・この思いが彼女のお店に詰まっていて、そして、彼女は立派に担っています。

そんな彼女が北欧の旅で出会った古いものや手仕事のものと彼女のご友人の旅する小物作家ミゾグチアユミさんが道中に出会った小物たちが並ぶ、小さなのみの市が開かれます。

010.jpg

日時は・・・5月3日~5日 10時~17時
場所は・・・山梨県北杜市大泉町8240-2039
詳しくはこちらtapiiriさん
をどうぞ。

私達BUNANOKIも、そののみの市に参加させていただくことに。
3日と4日の2日間ですが、珈琲豆とクレマチスを持って行きます。
珈琲は手立てでお淹れしますので、のみの市の合間に愉しんでいただけたらと思います。

ゴールデンウィーク中ですので、周辺道路は込み合います。
どうぞ、お気をつけてお越し下さい。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
タンザニア ディープブルー
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

初夏の珈琲をご用意しました。

「タンザニア ディープブルー」
キリリとしたコクと爽快な味わいが、初夏の太陽のきらめきに似た眩しさを感じます。
雨の日には、どんよりした心身をじんわりと目覚めさせてくれるよう。

冷めてもキリッとした酸味があり、珈琲の明快な味わいが続きます。
そう!リンゴのような爽やかさを感じます。
もちろん冷やしてアイス珈琲にもお勧めです。
クリーンな香りが抹茶を思わせ、新茶の季節にぴったりだと思い選びました。

017.jpg

(写真は抹茶のお菓子と)

バナナの木の下で栽培されているというディープブルー。標高1500mの地。
シェードグロウン(日陰栽培)はコーヒーの木を直射日光から守り、豆にとってよい条件を作っています。

遠くタンザニアに想いを馳せると気が遠くなりますが、いつの日か栽培されている生産者さんに会いに行くのが私の夢です。
皆様に、より安全・安心な珈琲をお届けできるように。

こちらの珈琲豆は6月までの販売を予定しています。
100g/¥500です。
どうぞ、初夏のサンサンとした味わいをお楽しみ下さい!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
4月のマルシェを終えて
昨日、エフスリーさんでのマルシェへ足を運んで頂いた皆さま、お足下の悪い中お越しいただき本当にありがとうございました。

清里や諏訪は積雪があり、そんな中でも駆けつけて下さった方々がいて、感動仕切りです。

突き立てのお持ちに顔をほころばせ、楽しい時間を皆さん過ごしているなぁーと、珈琲をいれながら感じていました。

このマルシェ、子連れで珈琲を販売させてもらって3年目。
お客様がお客様を連れてきて・・・そこで輪が広がって。
そんな様を見てきました。

ゆるゆるとしたマルシェですが、そこには、各店、紹介したい自慢の作品があり、心意気があり。
『マルシェ=市場』
この言葉通り、気になったもの、興味のある食べ物飲み物など、どんどんお店の方に話しかけて、そして私たちもどんどん紹介する。
マルシェという場は、お客さんが来ない事には成り立たないという事、そして笑顔の花こそ私たち出店者が咲かせたいという意図だと、改めて感じました。

今年から月一のマルシェです。
11月まで出店させて頂こうと思っています。
足しげく通って下さる皆さまや、『行ってみたいな・・・』と思っている皆さまに恥じないように、愉しい時間を過ごせるマルシェを出店者の一員として創って行こうと思います!

昨日のマルシェの様子・・・写真撮り忘れました・・・ごめんなさい。
1つ言いたいことは、雨があがり、傘の要らないマルシェになって嬉しかったぁ!!!
てるてる坊主さん、ありがとう☆

あっ、そして、クレマチスをご購入された皆さま。
よろしければ、その後のクレマチスの様子を追ってマルシェででも教えて下さい。
お嫁入した父親のような心境で、庭部加藤君が気にしていまーす☆


固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する