ARCHIVES
TAGS
焼け空に
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

朝が山の向こうから赤く焼け始め
長女は「地獄のような色」と表し
焼け沈む夕刻の色に
次女は「地球が喜んでいる色だね」と。

その太陽が顔を出している時間。

IMG_9257.JPG

昨日は沢山の方々に
空が近い場所(標高1500m)で珈琲を淹れました。

空色ひとつ
珈琲ひとつ

表現力は豊かで伸び縮む。

私の淹れた珈琲は、どんな感じだったでしょうか。

珈琲に映る空や深まる秋。
ひと口目のほころび。

そんなことを想いながら。

コーヒーフェスティバルに お越しいただいた皆さま。
BUNANOKIブースに寄って下さった皆さま。

心つくコーヒー時間を
ありがとうございました!

どうぞ、お礼までに。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
彩り琥珀
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

「彩」という漢字は
右の部分が木の実を手で取るという意味だそうです。
色とりどりの実がなり、山々は豊かな木の実彩が点ります。

そんな11月の始まりに
アカネ科の赤い実の種を煎って、挽いて、淹れて飲む。
澄んだ琥珀色に誘われて。

明日は「長野珈琲フェスティバル」に出店します。

標高1530mの白樺国際スキー場にて。立科町女神湖近く。
紅葉は だいぶ進んで錦秋の頃かと思います。
想い想いに珈琲を愉しむお祭り!

「長野のおいしい水で淹れるカラフルなコーヒーたちを
長野のゆたかな自然のなかでたのしむ」

今回の飲み比べ珈琲は「ウガンダ」
珈琲豆の原種に近いティピカ種です。
試飲して頂いた知人の感想は
「奥の方に野性味があるような」と。
私は じゅわっと広がる果実味が印象的で
新しい出会いの味わいでした!

アフリカの大地、空、風を
想わせるような味わいをお届け出来るように

焙煎士、頑張りますっ!

IMG_9223.jpg

今回は「信州プラスチックスマート運動」に賛同して。
蓋もパルプ。温かみが増し優しい気持ちに。

そして、ご注文時に「長野子育て家庭優待パスポート」をご提示くださったお客様に
地元の革作家さんhiyoriさんの革で作ったネームタグをプレゼントいたします☆

IMG_9242.jpg

私と子達の手作りです。
数に限りが ございますので、どうぞお早めに。

用意と準備にドキドキとワクワクが混じり。
何より、子達と進める出店作業。
バタつき、ワイワイ。そんなブースかと思いますが
どうぞ宜しくお願いします。

立科は寒暖差が深まる秋の終わりです。
温かい恰好で、ぜひ豊かな秋の1日を
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
十三夜
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

午後過ぎに うっすら浮かぶ白い月。
もうすぐ十三夜ですね。

十五夜の一か月後に
もう一度お月見をする習慣は
栞を挟んだページから
どれだけ進んだか
まだそこにいるのか

そんな事を感じ取ったり。

まんまるではなく
少しほっそりした月を愛でる人の心。

「出来不出来」
カテゴリー分けをされないように
ひっそりと、たまに深く息をして。

満月のように
満ちる心には、
色んなことが中途半端で届かないけど、

少し欠けた月を見上げ
そこに風情を感じる心に

今日も不出来なままでも希望を託して。

つないでいきたいです。
庭と珈琲をご機嫌を。

庭部

薪小屋サンプルが完成しました!

秋の初めから、ちょくちょくと。

IMG_8648.jpg

IMG_8655.jpg

IMG_8696.jpg

IMG_8704.jpg

IMG_8707.jpg

IMG_8708.jpg

IMG_8787.jpg

沢山写真を並べましたが、薪は3列並ぶ小屋幅。
こだわり諸所に。格好良くと。
ぜひご覧くださいませ。

さぁ、薪を割りますか~

珈琲豆部

今週末11月1日(日)白樺国際スキー場にて、珈琲豆部出店します。
nagano-coffee-festival.com

紅葉麗しい道中だと思います。
寒くなると思いますので暖かくして お出かけ下さいませ~
皆さまに お会いできることを楽しみにしています☆

その前のハロウィーン。

IMG_9131.jpg

「今年は出店の前の日だから簡単で良いよ!」
って子達の言葉。
ハロウィンごはん、ラクできるのかどうなのか~
やっぱり欠けたままの母業です。

でも束の間。満たす心は美味しいモンで。
それがスイッチ!笑顔にオンで。

IMG_9203.jpg

11月に向かう時。どうぞ、体調崩しませんように。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
秋冷
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

KIMG1015.JPG

時雨るごとに深まる秋色。そこに冬彩が加わりました。
八ヶ岳の初冠雪。秋冷の候です。

庭部

標高の高いお客様の お庭から
順に冬支度のお庭づくりに入っております。

かえで、つつじ、カツラ、白樺。

色取る木の葉に包まれながらサクサクサクサク
小気味よいハサミの音と共に。

栗の実、柿の実。
恵みを頂きありがとうございます。

秋の土用に入ります。
土の気が旺盛になる頃。
どうぞ、お庭の土の ご機嫌を取りながら
寒露の風土をお楽しみくださいね。

薪小屋が出来上がったお話は、また次回にでも。

珈琲豆部

IMG_9123.jpg

「ほくほくほくほく」
そんな言葉が似合う菜果が届く頃ですね。

モンブランと合わせるなら「コスタリカ」
少し細かめに挽いて濃いめに入れて どうぞ。

スウィートポテトの お供にも「コスタリカ」
こちらは、中挽きで。バターを甘く溶かすような味わい。

ナッツ系の お菓子にも「コスタリカ」
カリっと香る香ばしさをより楽しませてくれるよう。
ミルクを入れて、ミルキーな湯気を愉しむも良し。

そんな「コスタリカ」をブレンドしている「いろはブレンド」。
この季節限定です。どこかで 手に取られたら、ぜひどうぞ。

先日。

八ヶ岳の初冠雪の日に(上のほうの八ヶ岳の写真の日です)
硫黄岳への登山を計画していました。
前の日から降り続いた雨に「もしや雪じゃないよね~」なんて
話していたら、当日は爽快な雪山景色。わーお!

それでも
「行くだけ言ってみるかぁー」と。

駐車場の桜平こそ、雪は無かったですが、
雪景色は すぐそこに。

スタート!

DSCN1461.JPG

バンビちゃん!

DSCN1460.JPG

カラマツと柳の黄葉。

DSCN1469.JPG

流れる水は、冬の温度。

DSCN1510.JPG

更紗ドウダンツツジの赤は燃えるような色合い。

DSCN1486.JPG

結局、夏沢鉱泉を少し進んだところでストップ。
そこからは雪装備が必要な路へと。

道中、頂きさえ見せてくれなかった硫黄岳ですが、
雪の山道を歩く経験に、子供たちは楽しそうでした!

雪玉を持って下山して。
「また来るね!」

八ヶ岳は只今標高2000~1500mが紅葉シーズン真っ盛りです。

その日の夕方。

IMG_0127.jpg

登山家族は釣り家族へと♪

横向き写真で、ごめんなさい。

進む10月。寒暖差に ご自愛くださいませ。
そして、どうぞ、美味しい恵みをお楽しみくださいね。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
ぼっこ
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。


IMG_9028.jpg

工房回りも少しづつ色めき始めました。

さわぁーと吹く風になびくのは、ススキの穂。
そして、自分の気持ち。

どうでも良いことにこだわっていたり、
沁みついた言葉にとらわれていたり。

そんな時は風に吹かれて。

もしくは「ぼっこ」
日向ぼっこも心地よい季節になりましたね。

「ぼっこ」って、なんだかコロンとしたひびき。
「ほくほく」や「ほっこり」が転じた言葉だそうです。

なかなか心を亡くしがちですが
「ぼっこ」の時間。ひとりでも誰かとでも。
庭と珈琲が お役に立てれば。

IMG_8630.jpg

庭部

富士見町H様邸。
石のテラス。

IMG_0039.JPG

ひとつひとつ、
どこに並べよう、どこにおさめよう。

手触り、視覚、全体像。
頭に描き、心で動き。

出来上がるは

半田邸.jpg

テラスだけでなく、
テラスがもたらす「これからの時間」。

佐久石の品の良さを再確認した庭造りでした。
H様ありがとうございました。

IMG_8941.jpg

色とりどりのカーネーション。
うっとり嬉しい花束です。

珈琲豆部

イベント2つ。終わりました。
「古民家マルシェ」
「八ヶ岳ベーカーズ」

一会一会に感謝です。
ありがとうございました。

フェイスブックにちらりイベントの様子を綴りました。
良かったらどうぞ。ご一読くださいませ。

秋珈琲
「マンデリン ミトラ」
「ブラジル ボルジャイン農園」
「グアテマラ オリエン手 ナチュラル」
それぞれに魅力あふれる珈琲です。

オンにもオフにも。揺らめく琥珀色を。

先日、家族でお気に入りのラーメン屋さんへ。

KIMG0997.JPG

はるばる中込。

KIMG0998.JPG

開店前には、もう日暮れ。

KIMG0992[2305843009224857082].JPG

店内の明かりに誘われるように窓辺に近づき

KIMG0994.JPG

公園帰りの帰り路。
沢山遊んだ後の美味しい一杯でした!

余談ですが、
加藤君、ラーメンの「大盛り」は卒業するそうです。

KIMG0995.JPG

お腹にも心にも「丁度良く」。
四十路前の決断です!

秋霖の時。

KIMG0991[2305843009224907946].JPG

秋の空替わりに瞬く心。
皆さま、どうぞ振り回されませんように。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する