ARCHIVES
TAGS
『黒土』パートⅡ
久しぶりの雪のお湿りに植物も喜んでいます。
さて今日朝。良質の黒土が手に入りました!!
凍結ガチガチの雪道にも関わらず
待望の10tトラックは山上まで登ってきてくれました!
小淵沢にある植木畑に良質黒土をドッサリと。
CA390002_1.jpg
1年分の黒土です。
今年も沢山木を植えたいです。
CA390007_1.jpg
ここで少し訂正です。
数時間前に豆部の加藤さんの書いたさんぽ道で
黒土はスパイス的存在と書いてありましたが
あれは本当は小麦粉です(何のこっちゃ!?)
お好み焼きで言う小麦粉であって
黒土とは小麦粉
土壌のベースとなる素材なのです!
ベースにまた違う素材をブレンドして良質庭土となります。

そして現場報告です。
CA390008_1-1.jpg
アンティークレンガ3分の2を敷き込み終わり
バサの上から水を散水し一度固めました。
(ご遠慮せずにアプローチからお入り下さい!)
しかし跳ねたり飛んだりアグレッシブな動きはご勘弁下さいな!
まだまだ現場は続きます。

庭部の加藤でした。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
『黒土』
珈琲豆部の加藤です。

今朝は雪景色。久しぶりにしっとりした空気を感じました。

朝イチから、質の良い黒土を求め庭部加藤君出勤。
信頼出来る業者さんとの出会いがあり、ずーっと探し続けてた自分の納得できる『良い黒土』を見つけることが出来たそうです。
料理で言うと、質の良い塩みたいな感じでしょうか。生野菜も、美味しい塩で食べるだけで、またグーンと野菜の甘みやうまみが引き立ちますよね。そんな風に、質の良い黒土を使うことで、樹木たちも、より生き生きと育つということです。
この土を使い、今回施工中の甲斐市のk様宅のお庭を施工していくとのこと。
彼の大好きな雑木の庭。施工が彼自身楽しみだそうです。。

朝焼けが空の色を変える頃、グーンと背伸びして、さぁ出勤!!

005[1].jpg


夜を偲ぶように、西方に半月。

007[1].jpg



昇ってくる太陽にバトンを渡し、加藤君の今日の作業を応援してくれているかのように見守りながら南アルプス山脈に入っていきました。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
甲斐市の庭 レンガ工事
只今カラ練りモルタルをつくっています。
カラ練りモルタルとは水を混ぜないセメントと砂のこと、
通称バサと呼びます。
レンガの下地に敷く素材で人が歩く舗装ではコンクリート下地ではなく
バサを敷き詰めてその上にレンガを並べていきます。
CA390008_1.jpg

今回のアンティークレンガ敷きの並べ方はまさにランダム。
お手本は施主さんから頂いた見本の写真のみ
上から見たり横から見たりちょっと振りかえってみてみたり...
色んな角度から検討して一つ一つ並べます。
CA390011_1.jpg

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
サンミーと珈琲
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

またまた、大阪の実家から差し入れが届きました。
私の青春の味、その名も『サンミー』。
神戸屋パンさんから販売されてる菓子パンです。

チョコとカスタードのダブルパンチの甘さで、学生時代のクラブ活動後や、社会人になって「今日は良く働いたぁーっ」って日に買って、この甘さに癒されていました。正直、チョコが昔は苦手で、なるべく避けて避けて食べていたのですが、大人になり、チョコの美味しさも知り、それからは全部パクパク。

久しぶりの『サンミー』との再開。
早速、珈琲を淹れて。
ぶなの木ブレンドはチョコにも良く合うので、少し豆を細かく挽き、ゆーっくり丁寧にドリップ。いつもより濃い目に。
このパンの甘さに負けないしっかりした珈琲の香りと味わい。

001[1].jpg

昔の自分を懐かしみながら、今の自分の事をぼんやり考えた午後になりました。

皆さんも、昔好きだった懐かしい味はありますか?

ちなみに『サンミー』の名前には意味があります。
チョコとカスタードクリームとビスケット生地の3つの味を楽しめるパン!!
なので、『3味』→『サンミー』
関西方面で出会える菓子パンです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
旅立ち
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

昨日、突然に私たちBUNANOKIをずーっと応援してくれていたMさんが闘病の末、この世界から旅立ってしまいました。

BUNANOKIのお庭の施工を毎度毎度、感心して讃えてくれていたMさん。
彼のちょっとした助言が加藤君の励みになっていました。
BUANNOKIの珈琲をいつも「美味しい美味しい」と言ってくれて飲んでくれていたMさん。
彼のシンプルな言葉が、いつも励みになっていました。

見上げると、真っ青な空。
どうぞ、これからも温かく私たちを見守っていてください。
そして、変わらず叱咤激励をお願いします。

天国で、もしかしたらパソコン開いてブログを見てくれているかもしれないので、この場を借りて彼に伝えます。

「楽しい時間を沢山ありがとうございました。美味しい時間も沢山ありがとうございました。Mさんの物や人や子供を見る温かい眼差しが、私たちはとても好きでした。好きなお酒と甘いもの、たっくさん食べて、沢山の人とおしゃべりして、遊んで笑って元気でいてください。私たち、BUNANOKI頑張ります!!」

008[1].jpg

写真は彼の作品。白樺の樹皮で作った可愛らしい『魔女』。私たちのお守りです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する