ARCHIVES
TAGS
甲斐市の庭 レンガ工事
只今カラ練りモルタルをつくっています。
カラ練りモルタルとは水を混ぜないセメントと砂のこと、
通称バサと呼びます。
レンガの下地に敷く素材で人が歩く舗装ではコンクリート下地ではなく
バサを敷き詰めてその上にレンガを並べていきます。
CA390008_1.jpg

今回のアンティークレンガ敷きの並べ方はまさにランダム。
お手本は施主さんから頂いた見本の写真のみ
上から見たり横から見たりちょっと振りかえってみてみたり...
色んな角度から検討して一つ一つ並べます。
CA390011_1.jpg

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
サンミーと珈琲
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

またまた、大阪の実家から差し入れが届きました。
私の青春の味、その名も『サンミー』。
神戸屋パンさんから販売されてる菓子パンです。

チョコとカスタードのダブルパンチの甘さで、学生時代のクラブ活動後や、社会人になって「今日は良く働いたぁーっ」って日に買って、この甘さに癒されていました。正直、チョコが昔は苦手で、なるべく避けて避けて食べていたのですが、大人になり、チョコの美味しさも知り、それからは全部パクパク。

久しぶりの『サンミー』との再開。
早速、珈琲を淹れて。
ぶなの木ブレンドはチョコにも良く合うので、少し豆を細かく挽き、ゆーっくり丁寧にドリップ。いつもより濃い目に。
このパンの甘さに負けないしっかりした珈琲の香りと味わい。

001[1].jpg

昔の自分を懐かしみながら、今の自分の事をぼんやり考えた午後になりました。

皆さんも、昔好きだった懐かしい味はありますか?

ちなみに『サンミー』の名前には意味があります。
チョコとカスタードクリームとビスケット生地の3つの味を楽しめるパン!!
なので、『3味』→『サンミー』
関西方面で出会える菓子パンです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
旅立ち
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

昨日、突然に私たちBUNANOKIをずーっと応援してくれていたMさんが闘病の末、この世界から旅立ってしまいました。

BUNANOKIのお庭の施工を毎度毎度、感心して讃えてくれていたMさん。
彼のちょっとした助言が加藤君の励みになっていました。
BUANNOKIの珈琲をいつも「美味しい美味しい」と言ってくれて飲んでくれていたMさん。
彼のシンプルな言葉が、いつも励みになっていました。

見上げると、真っ青な空。
どうぞ、これからも温かく私たちを見守っていてください。
そして、変わらず叱咤激励をお願いします。

天国で、もしかしたらパソコン開いてブログを見てくれているかもしれないので、この場を借りて彼に伝えます。

「楽しい時間を沢山ありがとうございました。美味しい時間も沢山ありがとうございました。Mさんの物や人や子供を見る温かい眼差しが、私たちはとても好きでした。好きなお酒と甘いもの、たっくさん食べて、沢山の人とおしゃべりして、遊んで笑って元気でいてください。私たち、BUNANOKI頑張ります!!」

008[1].jpg

写真は彼の作品。白樺の樹皮で作った可愛らしい『魔女』。私たちのお守りです。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
甲斐市の庭-土工事
昨日引き取ってきた枕木の据付けがひとまず終わりました。
あのカチンカチンの枕木をきれいにカットするのは大変骨の折れる作業です。
一人が水を流しながらそして大きめの丸鋸でゆっくりとゆっくりと...
道路の縁石に沿ってきっちりと平行になっています。
CA390006_1.jpg

そして今日もスペシャル職人が登場です!
それはお施主さんのK様です。
角スコを片手にひたすら土砂をダンプに積込み職人。
2tダンプ1車は1.5m3もありそれをひたすら積込みます。
こちらもかなり骨の折れる作業なんですがそこはやはりスペシャル職人!
顔色一つ変えずひたすら積込み職人。
CA390002_1.jpg
Kさん光ってます!
そして本当にありがとうございました!!
今日はゆっくりと休んで下さい。

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
枕木積んで
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

今朝もキーンと冷え込んだ八ヶ岳。午前7時で玄関先はマイナス8℃です。

しかし、寒さに負けず、庭部加藤君は、今日も甲斐市の施主さんのお庭工事へ。

今日は昨日仕入れた枕木をカットして並べていく作業。
丸のこなどの用具を色々積んで、さあ出発!!

027 (2)[1].jpg

見上げれば、真っ青な空。太陽が徐々に顔を出してきているので、きっと作業をしていると汗ばむでしょう。

出来上がりを楽しみに(施主さんでもないのに・・・)、「行ってらっしゃい!!」と迫力ある音で現場へ向かうダンプカーと加藤君に手を振る私でした。

030[1].jpg
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する