ARCHIVES
TAGS
マルシェ出店を終えて
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

おとつい昨日で行われたLe marche de f3。

011 (2)[1].jpg

おとついは、あいにくの雨模様。
そんな中でも訪れていただいたお客様。本当にありがとうございます。
一緒に愉しい時間を過ごす事ができて、私たち出店者が和ませていただきました。

昨日は朝から晴れて気持ちの良い空気。
餅つきが行われ、お昼頃は大盛上がり。

017 (3)[1].jpg

つきたてのお餅に子供から大人まで、皆にっこりで。
桜は、ちらほらと開花。
お花見・・・とまではいきませんでしたが、陽気な空の下、皆さん花より団子の時間を愉しまれていました。

今回も沢山の方に珈琲を飲んでいただくことが出来て、本当に嬉しく思います。
ありがとうございました。
皆さんが、ホッと一息つけるような美味しい珈琲を来月もお届けできるように頑張ろう!と思う帰路でした。

こちらのマルシェ、来月は26日(土)27日(日)です。
葉っぱの緑が輝かしい5月に、皆様のお越しをお待ちしています。



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
桜の木の下で珈琲を
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

今週末は、久しぶりに珈琲の出店販売を行います。
北杜市高根町のドライフラワーのお店「f3」さんで4月14日(土)15日(日)です。
時間は11時から16時。雨天決行です。

あいにく14日が雨予報ですが、温かい珈琲をご用意してお待ちしています。
15日は晴れ間が戻るとのこと。
桜の木が並ぶ小さな広場で行われる小さなマルシェですが、心温まる手づくり雑貨のお店が並んでいます。
桜の花が咲くことを望んでいますが、うーん・・・間に合うかな・・・
桜の開花が間に合わなくても、皆さまと桜の木の下でお会い出来ることを楽しみにしています。

ちなみに、両日とも、珈琲は[ぶなの木ブレンド』のみの販売になります。
詳しくは、ドライフラワーのお店f3さんのホームページをご覧下さい。ドライフラワーのお店『エフスリー』



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
北杜市大泉の庭づくり 型枠編
型枠も出来まして後は生コン車を待つのみです。
基礎が仕上がればまた石積みの開始!
CA3I0002_1.jpg

そして...
西の庭ではもう一人、職人さんが工事をしております。
CA3I0003_1.jpg
大工のIさんではなくお施主様のIさんです。
本格的な木組みの倉庫でエコキュートを囲っています。
しかし上手です。

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
オハナさんへ植込み
今日は風もなくそして暖かくとても空気が澄んでいて
八ヶ岳も南アルプスも富士山も富士見町の方からは
中央アルプスも北アルプスも皆奇麗に見えて最高の日曜日でした!

午前中は北杜市にあります只今店舗工事中の
『キッチン・オハナ』さんへエゴノキの植込みに行きましたよ。
スナップショット 2012-04-08 18-26-05.jpg
オーナーの石野さんはオハナ工務店〜オハナ造園まで
ほとんどの工事をご自分でこなし本当に素敵なお店へと作り替えました。
ただただ、すごいの一言。

待ちに待ったお店のオープンは今月の4月24日(火)です。
実際に私も楽しみ!
オーナーのガテン姿しか知らないので
シェフになった姿が未だ想像出来ません...。

そして場所は今月からまた始まるマルシェ・F3のすぐ近くです。
地図.JPG
乞うご期待!!

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
植木の配達
今日は長野県の蓼科へ植木の配達に行ってきました。
道路に雪はないのですがまだ敷地内は根雪があり
この雪はまだまだとけそうにありませんね。
もちろん地面も凍りついているので植込みは出来ません。

苗圃(標高600m)から運ぶ植木と植込む現場(標高1500m)
では気温が全く違うため芽が動き出す前に現場に納品し
現場の気温に木温を合わせるのです。
これを芽が出でた木を標高の高い現場に5月頃納品し植込みを行うと
遅霜で木がやられてしまうことがあります。
植木に限らずポット苗の野草なども一緒で
買うところの標高と植込標高が違う場合は気を付けましょう。
CA3I0004_1.jpg

CA3I0005_1.jpg

さて明日は昨年アプローチ工事をした『キッチン・オハナ』さんへ
樹木の植込み工事に行きます。
店内工事の進み具合は果たして!?

庭部の加藤でした。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する