ARCHIVES
TAGS
清らかに明らかに
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

4月に入り、一気に春の温もりが加速しましたね。
赤ちゃんと家に居ても、窓から入る陽射しの傾きで季節の移ろいを感じます。
あと、庭部加藤君の軽薄になってく作業着かな。
標高2000m近くで施工中の彼も、「春だよー暖かいよー」と嬉しそうです。

時候は清明の頃。

「清浄明潔」清らかでけがれなく明らかなこと。
これを略したものだそうです。

冬篭りしていた木々の芽や草花たちも、ぐんぐん伸びて花開いたり、葉をひろげたりと正体を明らかにしていく。
私たちも寒く丸まっていた背中を、少しぴんと伸ばし明るい眼差しを向ける。
命あるもの皆が春の息吹を謳歌しているようです。

4歳児の娘が手いっぱいにお花を摘んできました。
差し出して、「ママ、いつもありがとう!」って。

IMG_3666.JPG

母の日にはちょっと早いぞ!と思いつつ、彼女の優しさにホロリ。
もうこんなにふきのとうも花開いているのねーと春半ばを感じたひとときでした。

皆さんの春は、どこまで来ましたか。
また寒の戻りがあるようなので、体調壊さないようにお気をつけくださいね。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
名がひらり
こんにちは。珈琲豆部休業中の加藤です。

彼岸明け。
八ヶ岳は寒の戻りの1日となっています。
加藤君共々、八ケ岳で迎える春は10を数えます。
時折舞う雪を横目に、頂いたおはぎを頬張り。

IMG_3620.JPG

Hちゃん夫妻、ありがとう!

・・・先日、無事に母子共々退院しました。
そして、なかなか決まらなかった名前も無事に命名。

IMG_3622.JPG

「こうだい」です。
今回も、よーく見ると加藤君(優)と私(亜紀子)の字が入っています。

より良い社会の一手になりますように。

IMG_3604.JPG

これからもBUNANOKIをよろしくお願いします。
固定リンク | comments(2) | trackbacks(0) | この記事を編集する
元気な赤ちゃん
本日、3人目の子が無事生まれました。
元気な男の子です。

まだ合えていないので娘と想像のなかのイメージ図
14265024800581.jpg
まめぞう(仮名)です。
会える日がみんな楽しみ。
固定リンク | comments(3) | trackbacks(0) | この記事を編集する
臨月に
こんにちは、珈琲豆部の加藤です。

先週末、無事にお休み前の焙煎が終わり、皆さんに珈琲豆をお届けすることが出来ました。ありがとうございました。

手廻しロースターで珈琲豆を焙煎し販売するようになって、そろそろ5年になります。
その年月の中で、3度目の出産です。
再びこうして、しばしの間、お休みを頂き出産に望むことが出来るのは、皆さまに支えていただいているからこそ。ただただ、痛感しています。

記念に撮ってもらいました。

IMG_3545.JPG

「手廻しロースターだからこその味わい」を大切に、また皆さまに美味しい珈琲をお届け出来るように、励みます!

では、皆さま、愉しい珈琲時間を!



固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
憩う珈琲
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

2月も終わりに近づいてきましたね。
太陽の傾きが変わりました。春はもう、広がっているのですね。

憩う時。
「憩う」とは息をつぐことだそうです。

私にとって春の始まりはそんな時。

冬の寒さのトンネルを1つ抜けた日に訪れる安堵感。
そして、三寒四温を感じながらも向かっていくその先。
まさにずっと静かに呼吸をしていた自然界と共に、息つぎをはじめながら春へと進む感じです。

息をすると言う事は、生きている証。
憩のひとときを持つことは、心から息をする。やはり息吹く春のようです。

庭部加藤君も、きっと作業中の休憩が心地よいひとときになっていることでしょう。
冬は必然と日向に導かれていたようなので・・・

そんな「憩う」ひとときをプレゼントしてくれたNちゃん。
大きいHARIEのバームクーヘンをありがとう!
大阪のお土産。きっと阪神百貨店!とか思いながら、息注ぐ珈琲をいただきます。

FullSizeRender (1).jpg

そして、お知らせです。
次回の焙煎日が3月2日を予定していましたが、珈琲豆の注文が込み合ってきましたので、ご注文いただいているお客様から焙煎していきたいと思っています。
ご用意できましたら、発送や配送のご連絡をさせていただきますのでよろしくお願いします!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する