ARCHIVES
TAGS
桃色の果宝
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

来ました。桃さん。山梨産の白鳳。

001 (5).jpg

お店で並んでいた桃の香りに誘われ、通り過ぎたはずの足が戻り、気づくとカゴの中に、それらは、いました。

この時期から店頭で並ぶ山梨の桃は、朝採り直送が多いので、実が固くシャリシャリしています。桃は柔らかいもんだと思っていたので、この固さに移り住んできたばかりの頃は驚きました。
なので、シロップ漬けにしても形がしっかりと残ります。

先日の誕生日。この桃さんを使ってケーキを作りました。庭部の加藤君が、この日はケーキ部に。

016 (2).jpg

桃のショートケーキ。
やっぱり、娘がイチバン興奮!!
彼女のひとくち食べた後の満面の笑みが、味と心の満足感を表していて。
加藤君も、娘の笑顔ごと、大満足の様子でした。

ちなみに加藤君。ケーキの生地や生クリームの泡立てに使うハンドミキサーのモーター音に少し興奮。
庭部の何かの工具と似ていたのか・・・職業病ってものなのか・・・

何より、これから、たーんと楽しめる桃の季節。
皆さんも、八ヶ岳や山梨に来られたら、桃色の果宝をぜひ味わってくださいね!!
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
アイアン門扉 取付
今回はゴールデンレトリバーをモチーフとした
Mさんの想い描くイメージスケッチを基に作製したアイアン門扉
DSCN1031_1.jpg
鉄の硬さをみごとな曲線で柔らかく仕上げております。
門扉の両脇には敷地内に群生していたイボタの木を生垣代わりに使いました。

そして今回のモチーフとなったモデルのクーちゃん(クール)
DSCN1047_1.jpg
いつも現場で癒されております。
さてほとんど出来上がりましたが、後は仕上でございます。

庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
赤い宝石
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

八ヶ岳南麓で採れる夏の始まりの果物。

001 (4).jpg

さくらんぼ。

初めてた食べた時は、その果実のみずみずしい甘みと思わず酔いしれてしまいそうな濃い香りに驚きました。採れたてのジューシーな味わいは格別ですね。

何せ、大阪で育った私。生のさくらんぼにめぐり合えたことは滅多になく。
さくらんぼと言えば、クリームソーダに乗ってる真っ赤なあれ。
あれはあれで、子供の頃は魅力的でしたね。

しかし、この時期にいただく山梨のさくらんぼは本当に美味しい。
きっと、生産者のお顔を見て買える場があると言うこと、そして、さくらんぼの花を春先に愛で実がなってく姿を待ち遠しく見ていると言うことが、美味しさを何倍にもしているのかもしれません。

八ヶ岳南麓では、清里高原で7月中旬まで採れるそうです。

フルーツの国、山梨。
赤い宝石を味わったら、次は桃色の果宝・・・もも。
果実盛りの幸せな季節が訪れています。

こちら、おまけ・・・

005 (2).jpg

さくらんぼ売りの少女発見!
「さくらんぼ食べる?」と、窓の外に向かって話しています。が・・・
ほとんど、自分のお口に入っているような・・・






固定リンク | comments(1) | trackbacks(0) | この記事を編集する
七夕さん
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

今日は「七夕」。我が家でも笹竹を用意し短冊などを飾りました。

016 (1).jpg

年に一度の彦星と織姫の逢瀬の夜に願いを込めて。

今晩もベガとアルタイルの姿は私達には見えない雲行きかもしれませんが、その雲の向こうに広がる晴れ渡る夜空で2人が逢い、輝いていることに想いを馳せようと思います。

皆さんのご健康とご多幸の祈りと共に。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
雨降り花
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

我が家の庭先にも、ホタルブクロの花が咲き始めました。

018 (2) (1).jpg

釣鐘型に咲く「蛍袋」
山の斜面の陽の当たる場所に自生するそうですが、加藤家に咲いている「ホタルブクロ」は木陰。だからか、色も少し薄いですね。

紫陽花と同じく、こちらも梅雨の季節に花を咲かせる「雨降り花」の1つ。
雨で濡れた林の中でひときわ彩りを放ちます。
降り始めた雨を横目に、蛙さん、ホタルブクロの花の下で雨宿りでもしないかなぁー・・・と、ふっと思うのも、梅雨時間ならではですね。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する