ARCHIVES
TAGS
香る秋実
こんにちは。珈琲豆部の加藤です。

庭部加藤君が、秋の野草の写真を撮っていて、その花の姿に惚れ惚れ。
秋に咲く花は、夏の花のようなビタミンカラーではなく、トーンダウンした木々の緑色に、そっと寄り添うような野の色ですね。
最近は、産まれたばかりの娘のお世話でに外出していないことに気づき、その写真達で秋が進んでいる事が分かりました。

そして、秋は何より食の秋。

先日、三重県在住の方より、名張の葡萄をいただきました。

005 (2).jpg

今が旬の果実。
美味しさは物申すことなく、香りも絶品。
色とりどりの葡萄は秋色をまとい、部屋の中に実り豊かな風を運んでくれたよう。

口の中に広がる葡萄の芳香な甘みに酔いしれます。
一粒ひとつぶ、丁寧に育ててくれた農家さんに感謝をしてしまうのは、同じ葡萄の産地の山梨に住み、葡萄農家さんの作業を身近で見ているからでしょうか。
Mさん、ご主人、ありがとうございました。ご馳走様でした。

皆さんも食の秋、始めましたか?
庭部加藤君は、新種のワインの頃に想いを馳せているようです。





固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
現場確認
今冬12月に植栽工事をする目黒区は柿の木坂の
新築工事中の現場へ建築士さんと打合せに行ってきました。
DSCN1396.jpg
目黒区にはみどりの条例の緑化基準というものがあり
敷地面積に対する緑化の割合が決まってます。
今回はだいぶ限られたスペースですが
雑木ならある程度の大きさの木も植えられるし
また数も植えられるので基準は問題なく超えられます。
そしてある程度の本数になりますがモサモサ感はなく
むしろサラサラ感のある山の風を感じられる
雑木植栽をします。

そして打合せが終わり帰り道に山梨県の銘石
『甲州鞍馬石』を確認に。
京都の本鞍馬と似た角の落ちた丸い形の自然石です。
岩質は花崗岩で鉄分を多く含まれているので錆が浮いているのが特徴です。
年月経つと黒錆になりこれもまた風情がでて庭を一段と引き締めます。
DSCN1408.jpg
写真は鞍馬石の灯籠
自然石の組合わせで作られるのが特徴です。

さて8月は設計と育児月間でしたので
DSCN1423.jpg
パソコンの画面を見すぎていたようで目が疲れましたが
来週からはいよいよ現場三昧です!
少したるんだボディを引き締め直します。

そして空を見上げればそろそろ夏の終わりを告げているように感じます。
CA3I0008.jpg

庭部の加藤でした。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
新しい仲間
こんにちは。珈琲豆部休業中の加藤です。

庭部の加藤君より、ご報告させていただきました通り、先月の半ばに無事に元気な女の子を出産しました。
こうしてブログを書くことが出来るくらいに私も回復しています。
自然に命を導くことができ、本当に幸せです。
温かく見守っていただいた皆様、ありがとうございました。

新しい仲間が増え、BUNANOKIは、より一層パワーアップしそうです。
そんな小さい仲間に1杯の珈琲を。『これからよろしく』の想いを込めて。

001 (5).jpg

隣で寝ている小さな仲間。
彼女のあるがままを受け入れて家族になっていけたらと思います。

固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
名前決まりました。
次女の名前が決まりました。
DSCN1353_1.jpg
優の真ん中にある『心』と珈琲部加藤さんの『紀』を合わせて
『心紀』みき、です。

どうぞよろしくお願いします。

そして優しい優亜お姉ちゃんです。
DSCN1362_1.jpg
自分のお財布から手づくりお金を渡してみたり
カエルのおもちゃで遊んでみたり...
しっかりおねえちゃんやってる優亜。
バッチリだよ!

なんかこの微笑ましい風景が不思議ととても落ち着く庭部の加藤でした。
固定リンク | comments(0) | trackbacks(0) | この記事を編集する
am5:22
元気な女の子です。
CA3I0021_1.jpg
我が家に来てくれてありがとう!
固定リンク | comments(6) | trackbacks(0) | この記事を編集する